人気タグ

ぽっちゃり系の母と、まさか近親相姦にまでなるとは思ってもいませんでした

ティッシュさんに投稿しました
  • 0
  • 308views
  • 0コメント

高校生の頃、コタツで眠るお母さんに欲情してしまった。
お母さんはショートヘヤで顔はまぁまぁ、身長150ぐらいで体重60半ばの、小
デブな体型です。
うちは市営住宅で、お母さんはパートのほかに早朝のアルバイトをしていたの
で、布団だと眠りが深すぎて起きれないと、いつも服を着たままコタツで寝て
いました。



その日もTVで洋画を見ていて、布団で寝るのが面倒くさくなって、お母さんの
横で寝ることにした。
普段は裸を見ても女を感じたことのない、おデブな母だったが、この日は目が
冴えてどうしても、お母さんの女の部分が気になって仕方なかった。
当時のコタツの赤いランプの中で、お母さんのジーンズのジッパーを下げて、
モゾモゾと手を木綿のおばさんパンツに潜り込ませた。
中坊のころに同じような木綿パンツにチンポを擦りつけてオナったこともあっ
たが、ただ罪悪感でいっぱいでお母さんをどうこうしようという発想はなかっ
た。
しかし、このときはどうしてもオマンコに触ってみたくて、シャリシャリとし
た陰毛を掻き分け、指先が割れ目の中へ進めた。
あ!?なんか突起の感触が・・・・
日頃、全身をマッサージして全てを知っていると思っていたお母さんの未知の
パーツにすごく興奮した。
突起をクリクリといじっていると母のいびきが止まった。
ドキドキしながらしばらく様子を伺っていると、おだやかな寝息になったの
で、深呼吸して、その奥へ指を進めたとき

「貴大!?」

お母さんががばっと跳ね起きた。
俺は慌てて、たぬき寝入りをしましたが、当然バレバレだった。
お母さんは背を向けている俺に話しかけた。
「なぁ・・・タカ、起きとるんやろ?お母さん、寝ぼけててお豆いじっとんの
お父さんかと思ったわ・・・。
 タカ、まだ女の経験ないんやろ?そんなにアソコ、触りたかったんか?
 触らしてあげたいけど・・・親子やからな。な?やめとこ・・・。今日のこ
とは何にもなかったことにするから・・・
 心配せんでええ。お母さん、黙っとくから・・・」
イザってときにビビって口も聞けないほぼ震えていたオレにお母さんは優しく
話しかけてれたが、自分が情けなくてどうしようもなかった。



それから数年経って、大学の卒業を間近に控えたある日。
卒論の発表も終わり、実家でのんびり過ごしていた俺はお母さんと酒を飲んで
いたが、めっきりアルコールに弱くなっていたお母さんはグラス一杯で酔って
しまった。
そのままお母さんはコタツに寝入ってしまい、俺は母が俺の大学卒業後に離婚
するつもりだという話を反芻していた。
お母さんは、手紙や電話ぐらいはするけど、どこへ行くのかは教えないと言っ
た。
もう何年も前からお母さんはいつか離婚すると俺に話していたが、その日が近
づいてきたのを実感すると、この家からお母さんがいなくなるのがとても寂し
く感じてしまった。

お母さんの横に寝転がると、数年前にオマンコに触ろうとして失敗したあの日
をことを思い返していた。
もう童貞を卒業して彼女もいたが、あの日のことを忘れたことはなかった。
偶然にもあの日と同じようなシチュエーションで、お母さんのジーンズのホッ
クを外し、ジッパーを下げた。
あいかわらず色気がまったくないおばさんパンツで、下腹部は以前よりもむっ
ちりしてウエストのゴムが若干食い込んでいた。
ここまでは、寝るのに苦しそうだったからと言い訳もできる。
だが、女にも多少慣れたこともあって、パンツの中へ手を入れると、スムーズ
に陰毛の上を滑らせて、女の部分に最短距離で到達した。
拙い女体の探索ではなく、お母さんを感じさせるためのクリトリスへの愛撫。
熟女の身体が反応し始め、肉襞のあたりが少しヌルっとしてきたのがわかっ
た。
お母さんが「あっ・・・」と声をあげたかと思うと、当然のようにガバっと起
きだして俺を真っ直ぐ見た。

「貴大!?」
デジャブ。しかし数年前と違い、俺は逃げずにお母さんと対峙した。

「何しとんの、もう・・・酔ってるんか?」お母さんが呆れて言った。
「まぁ、酔ってるけど・・・お母さん、おらんようになるの寂しくて」
手の膣口への侵入を一旦中止して、お母さんの出方を伺っていた。
「何言うてんの、彼女もおんのに・・・」
昔のように頭ごなしに叱るのではなく、諭すような物言いだった。
「わかっとるけど・・・高校んときのこと、忘れられなくて」
そう言って、土手の茂みを撫ぜた。指先に柔らかい、割れ目が触れる。
「あんときのこと、まだ覚えとったん?もう・・・。
 こんなオバンのアソコなんか興味持たんの。 色も形も汚いし、彼女なんか
とかと比べられるのイヤやもん。
 な?そろそろ終わりにして、ねよ?」
お母さんは手を重ねて、
俺は黙って、割れ目の先に指を進め、クリトリスの上の方をグリグリと円を描
いていた。
「そんなのアカンて・・・お母さん、おかしなるもん・・・あっ!?」
お母さんがぎゅっと太ももを閉じたので、手をねじ込んで女陰に侵入した。
もう十分にヌルヌルになっていて、自分が生まれた穴がどうなっているのか指
先でしつこいほど訪問した。
お母さんは手首を掴んで止めようしたが、もう力で俺を止めることはできなか
った。
「お母さん、感じてんだ?すげーヌルヌル」
「何言うとんの、こんなん・・・女を無理やりいじるんは最低や云うてきたや
ろ!」
けど、母の抵抗は俺を止めるにはあまりにも力の差があった。
「お母さん、おらんようになる前に、どうしても触りたい。ちゃんと覚えてい
たい」
「親子でこんなのダメやって・・・」
指を曲げて、ツブツブした膣の天井をこすると、うっ・・・とお母さんがうめ
き声をあげて、腰を浮かせる。
たっぷりの愛液で膣口はヌルヌルになっていたので、もう一本入れると
「痛い!乱暴や・・・無茶せんといて」
それでもお母さんの股間からはどんどん汁が溢れてきて、きつかった抵抗がな
くなりトロトロになった膣肉が指に吸いついてきた。
二本の指でグルグルとかき混ぜて、お母さんはハァハァと吐息を洩らし、そん
な顔を見られまいと腕で隠していた。
「あ・・・ダメ・・・あ・・・んん」
お母さんが俺の手をぎゅっと掴んで身体を縮めると、何度かビクっと身体を震
わせた。
「ダメ、動かさんといて!!」
お母さんの中の指を泳がせると、尻が持ち上がりギューっと力が入って仰け反
った。

指を抜くと、小便と汗と女の蒸れた匂いが鼻をついた。
お母さんはぐったりして、荒い呼吸で胸が上下していた。
俺はズボンを脱ぎ捨て、下半身裸になると、コタツを部屋の隅に追いやった。
お母さんのジーンズに手をかけると、抵抗する間もなく引きぬき、下半身は剥
ぎとり損ねたボロいおばパン一枚だけになった。

素足を絡めて、お母さんに抱きつくと
「こんなん嫌・・・親をレイプするんか?」と激しく抵抗し、もうええやろ?
満足したやろ?・・・お母さんはそういい俺を拒絶した。

俺はお母さんにビンビンになったチンポを握らせると、
「レイプなんかせんよ・・・けど、俺こんなになっとるもん・・・手やったら
ええか?」
そういうとお母さんは黙って、ゆっくりと扱き始めた。
「お母さん、あんまこういうことしたことないから・・・これでええんか?」
俺はうなづくと、母親の愛撫に赤ちゃんになったかのような錯覚を覚えた。
最初は恐る恐るだったお母さんも、息子に興味をもったのか、お腹に頭を乗せ
て眺めながら扱いた。
「タカの大きいね・・・小さくて可愛かったのになぁ・・・」
感慨深く、丁寧に愛撫してくれた。
皮もひっぱり、亀頭を剥き出しにすると指でコネコネといじって、先っぽの汁
を広げた。
「気持ちいい?先っぽから汁出とるわ・・・出そう?」
お母さんにこんな風されていると、肩もみの延長のようで、まだいきたくなか
った。
「すげー気持ちいい・・・お母さんの触ってもいい?触るだけやから・・・」
お母さんはいいと言わなかったが、黙ってトレーナの中に手を入れても怒らな
かった。

俺はお母さんの豊満な乳房と固く勃った乳首を口に含み、お母さんは睾丸と竿
をマッサージしてくれた。
乳首を吸ってもお母さんは嫌がらず、むしろ何度も頭を撫ぜて子供のようにあ
やした。
お母さんに覆いかぶさっているので、時々亀頭が木綿の上から柔らかくふかふ
かしたところを押し込んだが、
しっかりと握られているので、腰を入れるとギュっと掴まれた。
お母さんの胸元から首へとキスしながら、ついに唇を重ねた。
舌を入れようとすると、しっかり歯でガードされ顔を背けると
「そんなイヤラしいキス、嫌。もう気が済んだやろ?はよ、終わらそ」
お母さんとようやく親密になれたのに、お母さんはこれ以上は・・・と迷って
いるのがわかった。
「下手くそでごめんね・・・手でイケそう?」


コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談