人気タグ

妻との中出しについて書きます。長文ですがお許しください。

いろはさんに投稿しました
  • 0
  • 213views
  • 0コメント

妻との中出しについて書きます。
長文ですがお許しください。

私たち夫婦は、私が27歳、妻が23歳のときに結婚しました。
以来、もう12年が過ぎましたが、コンスタントに週に2回はしています(すべて中出し)。
35歳になった今も肌は白くて弾力があり、キメが細かいままです。
バストは88センチあり、西欧のモデルのような上を向いた美しいカタチをしています。
顔もなかなかの美人で、私は、妻の顔とカラダに惚れて一緒になりました。



それでは、私のほぼマンネリ化した、射精に至るまでの模様を書きたいと思います。
昼夜を問わず、リビングのソファベッドで妻がテレビを見ているときに襲います。
「フトモモさわっていい?」
「えーっ、ダメー。」
「いいじゃん、ねっ。」
と言いながら、股に近い一番弾力のあるフトモモの内側をもみます。
それからしばらくして、秘部の縦スジのあたりを、パンティの上から人差し指と中指でソフトに素早く上下に動かします。
30往復もやると湿ってきて、妻の目はうつろになっていきます。
「フフフ、今日も最後までやれそうだな。」などと心の中で思いながら、パンティの隙間から指を滑らせます。
すっかり洪水状態です。
今度は秘部を直に、そのまま先ほどと同じように人差し指と中指でソフトに素早く上下に動かします。
ぬかるみを歩いているような音がだんだん大きくなっていきます。



呼吸が乱れてきて、声を出すまいと必死になっている頃を見計らい、
「脱がすよ」と言ってパンティをはぎ取ります。
肌の色とは対照的な黒い密林が姿を現します。
私の一番好きな瞬間です。
もう十分すぎるくらい濡れているのですが、クリトリスを吸ったり、舌の裏側で舐めたり、膣内に息を吹きかけたりして妻をさらに高みへといざないます。
これくらいまでやると妻はもう頭が真っ白の様子で、私が何かしゃべっても、きちんとした返事ができないほどになっています。

この状態になってやっと挿入します。
根本まで埋め、抜けそうになるくらい引いて……を早いピッチで繰り返します。
ニュチャッ、ニュチャッと性器と性器がこすれる音が部屋中に響きます。
私はイキそうになると、少しインターバルをとって妻を横向きに寝かせ、両手で胸をもみしだきつつ、ときおり背中を舐めながらバックから突きます。
尻の弾力がこれまたイイ!

射精は正常位と決めているので、危うく発射しそうになるのをこらえ、正常位に戻します。
そのうち妻の中で私の亀頭がはちきれんばかりに大きくなっていくのがわかります。
火山の大噴火の予兆です。
私は一段と激しく腰を動かし、ありったけのものを妻の中に撃ち込みます。
ドピュッ、ドピュッ、ドピュッ……。
すると同時に妻の秘部は、精液を1滴残らず搾り取るような動きで私のモノを締め付けます。
この妻の圧力を感じる瞬間も大好きです。

妻とはもう2,000回以上したと思うのですが、結婚当初と同じように私は妻のカラダのとりこのままです。


コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談