人気タグ

好きだったお嬢様女子大生の処女が奪われた

杏仁さんに投稿しました
  • 0
  • 211views
  • 0コメント

俺は一浪して都内某私立大に入った。
俺の通った大学は結構お嬢様が多くて、田舎もん丸出しの俺は通うだけで気が引ける感じ。
たまたま同郷で同じ学科の1個上の先輩と知り合い、誘われるがまま合唱サークルに入った。
合唱なんて中学の音楽の授業でしかしたことなかったけどさ。
そこで、あの子に会った。



大学での授業が始まったある日、
新しい友人もできていない俺は一人でぽつーんと教室に座っていた。
「あれ、加藤くん(俺の仮名)」と突然話しかけられた。
それまでほとんど異性と会話すらしたことのない俺、それだけで緊張。
しかも、大学で声をかけてくる異性がいることにびっくりした。
「え、もしかして私のこと覚えてない?同じサークルの高本(仮名)です」
「ああ、ええと・・・」
「同じ学科で同じサークルだから、よろしくね。隣、座ってもいいかな?」
「あ、ああ・・・ええ、どうぞ・・・」
もう、なんじゃこりゃーという感じでほとんどパニックだった俺。
それだけ異性経験なし。

顔は、普通かなw
身長は155くらい。
色白でちょっとぽっちゃり目で、おっぱいは爆乳。
隣に座ったとき、こ、こんなに大きいおっぱいが隣にあるのは初めてだ!と思った。
明るく、はきはきしていて性格は超いい。
お父さんは誰でも知っている某有名企業の役員。
山手線内の高層マンションに住んでいるお嬢様。
出身校も誰もが知っている某お嬢様女子高。
そんな子。

服装は、お嬢様らしくいつも清楚な感じ。
上京早々そんな子と知り合えて有頂天な俺。
というか、すぐに好きになっていた。
携帯の番号を向こうから教えてきてくれた時は、うれしくて帰ってからアパートで絶叫した

しかし、俺はいかにも田舎もん丸出しだし、金はないし、
付き合うなんて夢のまた夢。
告白なんか絶対無理だった。
ただ、毎日授業やサークルで会えて話せるだけで幸せだった。
2年の春がやってくるまでは。



とにかく、サークルの男は高本さんがいないところではしょっちゅう
高本さんのおっぱいの話してた。
かくいう俺も、授業で隣に座ったときに垣間見えるブラの色や
ローライズジーンズからのぞくパンツの色をチェックしていて、
陰でその話をして盛り上がっていたが。
サークルの中では結構人気があって
「おまえ、高本さんのおっぱい間近にじっく見られてうらやましいな」
なんてよく言われてた。
夏にキャミにカーディガンはおって来たときなんか、
カーディガンを前でとめても隠しきれなくて、白い谷間がかなり露出していた。
悪い!とは思いつつ、家でヌキました。

1年の終わりころから高本さんは福田(仮名)というサークルの同級生と急速に
仲良くなっていった。
福田は、イケメン長身で性格はクール。
女にモテて当然という男だった。
サークルに入って早々、同級生と付き合ったが夏休みにはサークルの先輩に乗り換え、
その先輩とも冬の終わりぐらいに別れたという話だった。
福田をめぐって、その後輩と先輩とで修羅場があったらしいが、
そういうのに疎い俺は当時あまりそれがわからなかった。
後で聞いて「そりゃ、すげえ!!」と思った。

2年生になったある日の授業、いつものように高本さんは俺の隣に座った。
なんかもじもじしている高本さんはやおら話し出した。
「あのね、私ね、福田君と付き合い始めたんだ・・・」
「ああ、そ、そう?なんとなくそうかなーって」
「あ?やっぱり?わかっちゃってた?恥ずかしいなあ・・・・」
「福田はねー、イケメンでクールで頭もいいし、最高だよね!」
「え、え、そんな、全然!!」
「それは福田に失礼だよー」
「そうだね、あはははは・・・みんなに冷やかされる前に言っておこうと思って」
「自分から言っても冷やかされると思うよ」
「そうだよねーあははははは」
1年がたち、俺は普通に高本さんと話せるようになってはいた。それで、俺は内心の動揺を抑え、平然を装うことができた。



しかし、俺はその日アパートに帰って、
記憶がなくなるまで泣きながら酒を飲んだ。
次の日から、授業に出るのが、サークルに出るのが本当にきつかった。
高本さんの笑顔は全く変わらないのに、笑顔が俺に刺さるんだよ。

ゴールデンウィークが過ぎたころ、サークルの親しい仲間内で飲み会があった。
男ばかりで高本さんは当然いないし、福田はこのもさい集いにはこないw
同級生の中で福田と仲がいい時田(仮名)がホロ酔いになって話し始めた。
「そういや、福田の奴さあ、高本さんとやったらしいぜ!!」
この時が来るのは分かっていた。
しかし、聞いた瞬間、胃の中のものが逆流してトイレに駆け込んだ。

トイレで吐きながら考えた。
俺は話の続きが聞きたいのか、聞きたくないのか?
わからん!
だったら、もう流れに委ねよう。
俺は腹の中のものを全て便器にぶちまけると腹をくくって席に戻った

主席は高本さん話で盛り上がっているらしく、
誰も俺のことには気づいてなかったようだった。
時田は「福田からいろいろ聞きだすの大変だったんスよ~」とか言っていた。
確かに、福田はクールであまり人前で武勇伝を語るような奴ではない。
ここから先は、時田とその他の連中のやり取りになるのだが、
冗長になるので俺の語りということで許してほしい。

高本さんと福田は2月の末くらいから付き合い始めたらしい。
お嬢様女子高出身の高本さんは当然初めての彼氏だった。
キスまで行くのすら、一ヶ月かかったらしい。
そこまで我慢できるのが、まあクールなイケメンというか・・・
高本さんは料理が趣味なので、福田はよく手料理が食べたいと言っていたのだそうだ。
しかし、高本さんは家にはお母さんと妹がいるから無理、と言っていた。
だが、4月の終わりのある日、高本さんは「明日は家にだれもいないから、
ご飯作ってあげるね」と福田に行ったらしい。
ま、食うのはご飯だけじゃなくなるわけだが。

この時、福田は当然、あわよくばご飯だけではなく、ということで
ゴムもしっかり準備していったらしい。



人聞きなので詳しくはわからないが、その日福田は焦らず、じっくり高本さんを
落としたらしい。
ちょっとぽっちゃりの高本さんの肌はふにふにで、全身マシュマロみたいだったらしい。
しかも、白人のように肌が白くきめ細やかだったそうだ。
その辺は、いつも見ていたし(と言っても一部)、
ちょっと手が肌に触れた時にも「うっわ~、すんげーふにふに・・・」と
俺も感じたことはちょっとだけある。

ああ、そうそう、高本さんの部屋にはでっかいベッドがあって、
さすがのクールな福田も「絶対ここで今日高本さんの処女を奪う!」
と内心意気込んだらしい。

やはり、高本さんのおっぱいはすごかったらしく
「腕をパイずりできる」
くらいだったらしい。
おっぱいは垂れていなくて張りがあり、乳輪は巨乳だけあって大きく、色は薄いグレー。
とにかく、福田は揉んで揉んで吸いに吸った、らしい。

福田は、フェラをさせたり、クンニしたりもしたかったらしいが、
高本さんはかなり強く拒んだため、初エッチでは断念。
しかし指は中に入れさせてくれた。
「濡れてるかチェックしないと。濡れてないと痛いよ?」とか言って。
中に指を入れてかき回すと初めて「あぁぁ・・」とアエギ声を高本さんはあげた。

高本さんの陰毛はもじゃもじゃで、逆三角形の陰毛がまるで
ビキニパンツみたいだったらしい。
色白の人って陰毛濃いよね。

福田が高本さんの腕を股間に誘導して、そそり立ったアレを握らせると、
「こんなの入らない・・・」と高本さんは言った。
パンツを脱いでアレを高本さんに見せると、
「絶対に無理・・・」
と言って、かなりおびえた風だったという。

福田は「みんな入るんだから大丈夫」みたいなことを言って安心させ、いざ挿入。
やはり処女の高本さんは最初かなり痛がって泣いたらしい。
福田はDQNではないので「痛いなら今回はやめようか?」と言ったところ
高本さんは「もうちょっとがんばってみる」ということでリトライ。

正常位からバックに体位をかえて挿入。
しかし、これでは高本さんの苦悶の表情は見えない。
そこで、わざわざ高本さんを化粧台の方に向かせたらしい。

バックから挿入すると案外すんなり入ったらしい。
この時福田は高本さんの肛門と処女を失う苦悶の表情を拝んだわけだ。
挿入が完了すると高本さんは
「ちょっと痛い。この体勢は福田君が見えなくて怖い。くっついていてほしい」
と言うので、体位を正常位に戻して密着して福田はゆっくりピストンを開始した。

結局、高本さんの痛みが最後まで引けなかったので、
福田は中でいくことができず、自分でしごいて高本さんの腹の上に射精。
精子を腹の上に出され、高本さんは非常に驚いた様子だったらしい。
精子の生物学的な役割は理解しているが、
男の勃起したアレから勢いよく白いネバネバしたものが飛び出るのは
想像もつかなかったらしい。
福田は、中でいくより精子が飛び出るのを見て驚く高本さんが見れてよかったらしい。

こうして高本さんは処女を失った。
俺は、とても陰鬱な気分になりながらも、
福田に処女を奪われる高本さんの姿をその場でのぞきをしている妄想をすると、
アレが硬直したのだった。
俺は、陰鬱な気分になりながら毎日それを妄想して、こいた。



高本さんが処女を失った後も、高本さんは俺に普通に接してきた。
ああ、これが大人になった高本さんか、と思うとそれだけで鬱勃起。
前期のテストが終わり、夏休みに入る頃、サークルの前期打ち上げ会が開かれた。

サークルの4年には酒癖が悪い東田(仮名)という先輩がおり、
あまりの酒癖の悪さにそれまでは先輩がお目付として必ず隣に座っていたのだが、
その先輩が卒業して東田は解き放たれてしまった。
その日、したたかに酔った東田は高本さんの隣に座って高本さんにからみ始めた。

「高本さんさあ、福田とヤったんだって?」
「な、なんのことだか・・・」
「だからさ、Hしたんでしょ?」
「し、知りません・・・」
「自分がHしたことも知らないのかなあ?」
「もう、やめてください!!」
「福田にもそんなこと言って、実はいいことやっちゃってんのかなあ~?」

俺は東田の斜め後ろに座っていた。
高本さんをおかずにしている俺が怒るのもなんだが、
酒の力もあり、猛烈に怒りが沸いてきた。
しかし、いきなり殴ったりしたら高本さんが困ってしまう。
「東田さん!!酒、たんないみたいッスね!!俺が注ぎましょう!!」
俺は東田と高本さんの間に割って入った。

「なんだ、てめー!!俺は高本と話してんだよ!!」
「あ、俺、東田さんと話したいッス!!」
「うっせーんだよ、失せろ・・・」
「まあまあ、そう言わずに飲んで下さいよ・・・」
ガッツーン!!

ものすごい衝撃を感じると、俺はそのまま意識を失ってしまった・・・
後でわかったんだが、東田が中身が入ったままのジョッキで俺を思いっきり殴ったのだった。
中身が飛び散って高本さんにもかかり、高本さんはショックで青ざめ震えていたらしい。

俺は救急車で運ばれたわけだが、ただの脳震盪で命には全く別条なし。
翌朝には退院した。 病院に東田と両親が謝りにきていたのにはウケた。
内定も決まっている東田は、これを警察沙汰にしてほしくないらしい。

絶対に警察に届け出る、と言い張ってやろうと思ったのだが、
俺は東田の母親が「金十万」と書かれた封筒を持っているのに気付いた。
正直、すごくほしい。 なにせ、貧乏学生で金がない。
俺は、母親の手から封筒をびっと奪うと、「治療代は別ですよ」と言ってやったw



この事件の後、俺もサークルにしばらく顔を出さなくなった。
高本さんと授業で顔を合わせても、よそよそしいあいさつをするだけになった。
2年の冬ごろにサークルに復帰した俺は、とっくに高本さんがサークルを辞めていたことを知った。 福田とも、あの事件の後気まずくなってすぐに別れたとのことだった。

3年生になると高本さんとは専攻も異なり、滅多に会わなくなったし、
俺もついに彼女ができて22歳にして脱童貞。
4年生になると就職氷河期だったがなんとか就職も決めた。
そして卒業。 卒業パーティーで久々に高本さんを見た。
黒いドレスを着た高本さんは、大人の女性という感じだった。

パーティーも終わり、数少ない友人同士で2次会に行くかということで連れだって歩きだした。
しばらくすると、後ろから「加藤くん!」と呼びとめられた。
高本さんだった。

友人には「先行ってて。あとで携帯に電話すっから」と言い、高本さんのところへ。
なんだろう、心臓がドクドク鳴った。
「もう、卒業なんだね。早いよね・・・」
「そうだなあ。ついこの間、田舎から出てきたばっかりのような気がする」
「加藤くんもだいぶ昔と変わったよね(w」
「まあ、4年もいればね。こっちで働くし」
「・・・あのね、あの時、助けてくれてありがとうね。私、お礼も言えなくて・・・」
「あの時?」
「ほら、2年の時、東田さんが・・・」
「ああ、アレ・・・あははは・・・」

あの出来事は、自分の中では高本さんにかっこ悪いところを見せてしまった、と思っていた。
また、あんな大ごとになって高本さんは福田と別れてサークル辞めて、迷惑かけたかなあとも思っていた。
しかし、後に福田があの時助けなくて高本さんが福田に怒った、という話も聞いた。
そこから、急速に二人の仲は冷え切っていったとも。

「すごくうれしかったんだよ、私・・・」
「いや、俺、殴られて倒れただけだし・・・」
その時、高本さんはすっと俺に近づくと俺の首に腕をまわして
ちょっと背伸びをして、キスをした。
エエエエエエエッ!!
もう、心臓が口から飛び出るかと。



どんな感触だったかも、どれほどの間だったのかも覚えていない。
ただ、高本さんがすごくいい匂いだったことしか覚えていない。
高本さんはすっと離れて、うつむき加減になると
「スーツ、かっこいいね・・・」と言った。
俺は、呆然として何も言えない。
「さよなら!」
と高本さんは言うと、くるっと踵を返して駆けだしていった。
俺ははやり呆然としたままだった。

その後、友人と飲んだんだが「それはお持ち帰りだろ!!バカヤロー!!」という話に。
だよなあ。 でも、彼女いたし。
その俺の童貞を奪った彼女とも結婚してしまった。
だから、俺は一人としかHしたことない。
性格的に、浮気とかもできないし。
高本さんとは以来会っていないが、年に何度かメールのやり取りくらいはある。
いまだに、福田以来彼氏はいないらしい。

ちなみに福田は、高本さんと別れた後1年の女子(処女)と付き合い、
3年になると新入生(処女)と付き合い、
4年になるとやっぱり新入生(処女)と付き合った。
全てサークル内。
福田は、4年間でサークルの女子5人と付き合い、うち4人が処女。
しかも、みんなそこそこかわいい。
なんとも、うらやましい。
ということでおしまい。

次々と処女の肉体を堪能し、処女を散らしては
捨て、また新品の乙女の蒼い肉体を味わう・・・。
福田は男として、いや、一匹のオスとして
“悦楽の極み”を満喫してやがるな。
女体というものはやはり、少女から大人の「女」の肉体へと
変化を遂げる過渡期こそ、最も賞味価値が高いもんだ。
しかも一旦破ってしまえば、もう二度と味わう事が出来なくなる処女膜。
一度でいいから亀頭でしっかりと堪能してみたいもんだ。


コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談