人気タグ

妻に内緒で義母に会いにいきアナルセックスをしてきた時の体験談

やまちゃんさんに投稿しました
  • 0
  • 469views
  • 0コメント

木曜日の夕方、妻の悦子に電話した。
「急に大阪へ出張になった。明日の会議に代理で出る事になった。遅くなるけど、明日中には帰るから」



もちろん、嘘だ。高知の義母と会うためだ。会社には、「妻の母が倒れたらしくて」と、もっともらしい口実をつくり、金曜日を休む事にした。
義母には連絡していなかった。突然行って、驚かせたかったのだ。

最終の高知行き高速バスの中で、いろいろ考えていた。
「びっくりするだろうなぁ。びっくりして、また泣くかも。そしたら力一杯抱きしめてやろう」
バスの中で、もうペニスは固まりっぱなしだった。

着いたのは10時過ぎ。1階も2階も電気は消えていた。勝手口にまわった。
風呂の灯りがついていた。シャワーの音が聞こえる。入浴中だった。

私は、そっと勝手口を開け、足を忍ばせ、脱衣場へ。ガラガラーッ。思い切り風呂の戸を開けた。
「ヒイエェーーッッッ」
声にならない叫びとともに、義母はへたり込んだ。
同時にシャワーのノズルが、大きな音をたてて洗い場の床に落ちた。

義母は隅っこで体を縮め、頭を両手で押さえて震えている。足元に黄色い流れ。失禁しているのだ。
私は1歩、義母の方へ近づいた。義母はますます身を固くして、縮こまろうとした。

シャワーの栓を閉め、私は言った。
「お義母さん、僕ですよ、正和。びっくりさせてごめん。外で声かけたんだけど、聞こえないらしくて……。びっくりさせよう、といきなり入ったんだけど、あんなに驚くとは思わなかった。ごめんね、ほんとにごめん」
義母は恐る恐る両手を下ろし、顔を私の方へ向けた。

「ウッギャアァーー」
すさまじい大声で、義母は泣き出した。両手、両足をばたつかせ、近づこうとする私を払おうとした。義母の顔はグシャグシャだった。



「もう、もう……、ああーーん」
「もう、もう、まさ君、まさ、まさ君ったら」
「死ぬかと、死ぬんだと、思ったじゃない」

泣きじゃくりながら、義母は途切れ途切れに言った。
私は少しずつ義母を引き寄せ、浴槽にもたれかかる格好で、義母を抱いた。
涙だらけの義母の顔に舌を這わせ、耳元で囁いた。
「ごめん、お義母さん。急に会いたくなって、悦子には大阪へ出張って、嘘言って来た。会社も明日、休みにしたんです。いきなり行ってお義母さんを喜ばせようと、わざと連絡しなかったんです」

義母が私に身を預けてきた。私は義母の両脇を抱え、立たせた。
シャワーを全身に注いだ後、後ろ向きの義母を抱っこする形で、浴槽に体を沈めた。
小さな乳房を両手の平で包み、優しく揉んだ。時々乳首に爪をたて、のけぞる義母の首筋に、耳たぶに、唇にキスを繰り返した。
私のペニスは膨張し、固くなり、義母の腰あたりにドクドクとその鼓動を伝えた。

やっと恐怖から解放されたのか、義母が口を開いた。
「正和さんったら、嫌いよ。あんなに驚かせて!!心臓が止まるかと思ったわよ」
「だから、ごめん、お義母さん」
「ごめんじゃないです、まさ君。きょう木曜だから、来るなんて思ってなかったし」
「ごめんなさい、お義母さ、ま。おわびに今晩、あしたも、いっぱい愛してあげるから、ネッ、許して!!」

義母の顔をこちらに向け、口を合わせた。義母は口を開き、舌を絡ませた。
安心した私は、激しく義母の口を吸いながら、乳房を揉んだ。
「のぼせるから、上がろうか、お義母さん」

脱衣場のバスタオルを取り、チュッ、チュッと軽いキスをかわしながら、互いの体を拭い合った。
「お義母さん、もう下着つけなくていいね。このままお義母さんの部屋に行こ!!」
「ええっ、まさ君は?」
「僕もだよ、お義母さん。バスタオル余分に持って上がろうか」
「そう?上の棚にあるわ……」


義母の寝室に入って灯りをつけた。敷き布団を敷き、シーツの上に、バスタオル2枚を重ねた。灯りをつけたまま、私たちは横になった。
「まさ君、いつの間にか『お義母さん』って言ってる」
「お義母さんだって、僕のこと『まさ君』って言ってるよ」
「フフ、ほんと。その方が自然よね。してることは自然じゃないけど……」
「いけないことしてる、って思う?」
「そりゃぁ、娘のご主人としてるんだから、その通りだし、悦子には悪いって思うわよ。でも……」
「でも、何?」
「考えないことにしたの。まさ君、遊びじゃないってことがわかってるし、ほんとに私を愛してくれてるって、実感できるし、それに何より、一緒にいるのが楽しいの。ただね、私とこんなになったせいで、悦子との仲が冷えたりするのだけは困るわ。2人を同じように愛してほしいの」

「もちろんだよ、お義母さん。お義母さんと愛し合うようになって、悦子とも増えたんだよ。回数だけじゃなくて、2人ともこれまでにないくらい、感じるようになってるんだよ。この前の日曜日、ここから帰った日も悦子としたんだよ。お母さんと朝やって、夜は悦子と。悦子も最近は自分から求めて、これまでしたことなかったようなことまでするんだよ」



「あら、どんなこと?」
「僕のペニス握ったり、さすったり……。この前は口にほおばって、おしゃぶりしたんだよ」

「ええーっ、そんなこと、あの子がするの?」
「そう、僕もびっくり。でも、くわえている悦子を見ると、すごく可愛く思えてね。口の中にあれ、出したんだけど、それをティッシュにとって、『ごめんなさい、あなた。飲めなかった』って謝るんだよ。可愛いでしょ」

「私、したことないわ、そんなこと。おとうさん、淡白だったし、あそこを触って、濡れたらすぐに入れて、出せばおしまいだったの。だから、イクという感覚が分からなくて……。本当にイッたというか、これがそうなんだ、と思ったのは、初めてまさ君に、この部屋で抱かれた時よ」

「そうなんだぁ。僕が初めてかぁ」
「そうなの。まさ君が私に女の幸せを教えてくれたの」

義母は横向きになり、両足で私の片方の足をはさみ、締め付けた。
あそこはすでに濡れている。私は起き上がり、義母に言った。
「お義母さん、四つん這いになって!!お尻の穴とあそこがよく見えるようにして!!」

言われるまま、義母は四つん這いになった。
両手を折り曲げて布団につき、お尻を高く突き出した。

「お義母さん、いい眺め。すごく嫌らしいよ。こんな格好、だれかに見せたことある?」

義母は首を振った。胸が大きく波打っている。
灯りの下で、娘婿の目の前で、お尻を高く突き出し、恥部をさらしている。
私は両手を添え、義母の濡れそぼった陰部を左右に押し広げた。

「お義母さん、すごいよ、白っぽい汁が奥にたまってる。ネバネバのかたまりみたいなのもあるよ。こんなにして見られるの、初めて?」

「は、は、初めてよ、まさ君。ああ、恥ずかしい。恥ずかしいけど、うれしい。まさ君に見られて、感じるの。変よ、まさ君。変になるの。まさ君。いっぱい出てる?オツユ、いっぱい出てる?」

私はいきなり2本の指を突っ込み、中をかき回した。
義母は、ヒャーッと大声を出しながら腰を振りまわした。
腰を持ち上げ、あそこを口でおおい、ジュルジュルーと音を出しながら強く吸った。
指についた粘液はお尻の穴にこすりつけた。義母は腰を揺らし続ける。

「あ、あ、あ、まさ君。舌があれに当たる。いいわ、まさ君。ああーー、気持ちいい」
義母の腰を下ろし、いきり立っていたペニスを挿入した。
「ああああーーーーっ、入ってくる、入ってくるわーー、まさ君のが私の中に。うれしいーーーっ、まさ君、奥まで入れて、お願い、奥までよ。ああ、そうよ、そうよ、気持ちいいいいー。ああん、突いてぇ、ズンズンして!」



義母がイキ始めているのがわかった。唾を指にとり、肛門に落とした。
ペニスの出し入れを続けながら、指で肛門を愛撫した。
柔らかくなりかけると、また唾を落とした。その唾を塗り回し、ゆっくりと中指をめり込ませた。
一瞬、驚いたのか、義母がビクッと体を震わせた。ピストンを早めた。

「ああ、すごい、まさ君、まさ君のおちんちん、全部入ってる。気持ちいいの、私、イキそうになってる」
その言葉を待って、私は中指をグッと押し込んだ。

「ああああああああっっっ、まさ、まさ君。あああっ、まさ君」
「どう?お義母さん。お尻に指入れたよ。ほら、これがおちんちん、こっちがお尻に入っている指だよ」

「ああっ、ああっ、あああああっっ、変になるぅ、ああああああっっっっ、だめよお、変、変なのよおぉ、やめて、ああ、やめないで」

ペニスの出し入れと逆の動きで、肛門の中の指を入れ出しした。
「ああああああっっっあああーーーっっ」
長いくぐもった声を出して、義母がイッた。
両足を折り曲げ、義母は腹這いになった。お尻の割れ目の奥から、シャーーーーッと迸るものがあった。



顔を近づけた。かすかなアンモニア臭。尿だ。ペニスと指で、膀胱を刺激したせいだ。私は失神した義母を仰向けにし、口を開かせ、ペニスを突っ込んだ。そして、射精した。

気管支に流れないように、私は義母の上半身を起こして抱きかかえ、片方の手でこぼさないように口を押えた。
ンググッン。飲み込んだ拍子に、義母が気づいた。

「お義母さん、えらかったよ。お尻、入れられたの初めてでしょ。痛かった?」
ううん、と義母は首を振った。

「お義母さん、イッた後、すぐにおしっこしたんだよ。ほら、バスタオル、濡れてる。それにね、お義母さん。お義母さんが気を失っている間にね、口の中に出したんだよ、あれ。お義母さん、飲んだよ、ぜーーんぶ。うれしいよ、お義母さん。僕、初めてだよ」

義母は私を強く抱きしめてきた。私も強く抱き返した。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談