人気タグ

運命の人としか思えない相手とラブホスレで出会って

ナナさんに投稿しました
  • 1
  • 1,371views
  • 0コメント

まだこの板が緩いルールだった時にラブホスレで知り合った女性がいた。

女性が書き込めば少なくとも10人は男がメアドを出す状態で、女性としては入れ食い状態だったし、男としては供給が潤ってる状態。

まぁそんな中、俺はその女性とメールをやり取りし始めた。
もちろん他にもやり取りしてる男性はいた様だけど、後で話を聞いた所によると、その殆どが「すぐヤラせて下さい」とか「もうガマン出来ないんです」みたいな、ネタなのかマジなのか変態なのか分からない様なメール文だったらしくw、結局ごく普通のメールをやり取りした2人と会い、最後の3人目が俺がだった。

何故かその2人はノリ気じゃなかったらしく結局何もせず解散したとの事。
で、俺と会ったわけだが・・・

会う前に電話をしたかったので電話をしたんだが、何故か会うまでの丸々一週間毎日した。

それなのに全く違和感を感じなかった。ラブホスレで知り合ったのにむしろ普通の恋人の様だった。

土曜に会い、食事をしに行き、どっか落ち着ける所がいいと彼女は言った。
俺は率直に言うのを避け、ネカフェにするか?と言ったけど、
彼女は「何も変な事しないって約束するならラブホでゆっくりしたい」って言ったので、んじゃ行こうと言う事になった。
もちろん無理に押し倒すつもりは毛頭なかった。

その時点で俺は不思議な感覚だった。
何故電話して会って食事してここまで違和感を感じないのか?と。
今までこんなに気が合う女性はいなかったからだ。

ラブホに入り、俺だけベッドに横たわりテレビを点けて暫く見ていたけど、ソファに座ったままの彼女に促して一緒に見ようと言った。

少し話をしつつ、ゆっくりしていると彼女が目を瞑ってキスをせがんできた。
おもむろに少しキスをしたら「あ~何かされた~」と冗談を言う。
笑いながらそれから何度かキスをしてから、身体の関係に至った。

俺はその場ですぐに告白したよ。
彼女は一瞬悩んでいたけど首を縦に振り付き合う事になった。

終わった後に一緒に寝ながら話した。
「何で私なの?」って言われたけど、俺は具体的に答えられなかった。

それはずっと不思議な巡り合わせ・・・奇跡を感じていたから。
ひとまず俺は何とか言葉にしようとして、

「電話してる時に想像したキミと、食事してこうして今一緒にいるキミが全く同じだから」

とか話して、何とかその不思議な感覚を伝えようとした。
でも、彼女はそれを理解してくれた。
彼女も同じだったわけだ。

それから俺等は更にお互いを知り愛を育み始めたわけだけど、それからも奇遇な事が多く重なった。

価値観だったり、趣味が同じだったり、家族のノリが同じだったり、あんなスレで出会ったのに何でこんなに合うんだろう?と本当に不思議だった。本当に奇跡だと思った。

家に連れて来て親にも紹介し、もう結婚するつもりだった。
彼女もそう感じていたし、時間の問題だった。

そんなある時、彼女がどうも調子悪いと言い始めた。
2日後にそれが分かった。
生理が来ない!

そう、デキてしまったわけで、確かに結婚前でショックではあったが、子供が欲しかった俺、男の子を育ててみたいと言っていた彼女にとっては、すぐに切り替えられる幸せな事だった。

その週の終わり、改めて検査薬で調べたら陽性。
それを受けて、来週に産婦人科へ行こう、その次の週に親御さんに挨拶しに行こうと言っていた。

100%俺の子。その日の覚えアリ。検体結果の妊娠週数と完全に一致する。
もちろんお義母さんには検体結果出る前に伝えてあった。
結果出た時に教えてもらった。

でも・・・

木曜日になって彼女と連絡が取れなくなった。
やっぱりショックで滅入っているのだろうか?と思ったけど、次の日も次の次の日も連絡付かず。

あまりにも心配になったけど、まだ親御さんに挨拶行く前だったので、彼女の実家や兄弟の連絡先を知らず、メールを送り続ける以外何も出来なかった。

そして次の週、彼女の妹さんとお母さんから俺の携帯に連絡があり、彼女が木曜の朝に亡くなっていた事を知らされた。

不慮の事故だった。
信じられなかった。
あまりにも残酷で辛い結末に俺はトンネルの出口が見えなくなったよ。

今になってふと思うのは、俺にとって彼女は天使だったのだろうと思う。
あまりにも奇跡的な巡り合わせだったから。

だからきっと神様がそれを許さなかったのだろう。
彼女との日々は夢の様だった。

今もまだ彼女の家族とは付き合いがあります。彼女が残してくれた唯一の義理。
残念だけど恐らく彼女以上の女性は俺の前にはもう現れないだろう。

俺にとってのアンビリーバブルな話でした。
ここまで気が合うHに積極的な女性がもし現れたらそれこそアンビリーバブルな話なので、その時はまたエロネタ含めて伺います。

ダークなお話、失礼致しました。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談