人気タグ

mixiで知り合った短大生20歳(♀)と旅行先で一度きりの関係

不倫男さんに投稿しました
  • 2
  • 1,497views
  • 0コメント

1年半くらい前の体験を記憶が薄れる前に投下しとく。

俺27、相手は20の短大生。
住んでる地域は全然違ったが、出身地が近く、mixiの地域系コミュで知り合った。

プロフィールでプリクラを晒しててまぁまぁ可愛いなぁ、なんて気にしてたら向こうからメッセで声かけてきて仲良くなり、メアドも交換してメールするようになった。

話を聞く限り、彼氏はいるが上手くいっていないと。
いつのまにか彼氏とのHが痛いとか、そんな話までするようになってた。

で、ある日。
mixiの日記で「今度京都に一人旅に行くことにした!」
なんて書いてるもんだから、冗談半分で「用心棒としてついて行ってやろうか」って言ったら
「え?一緒に来てくれるの?」と意外な反応。

メールでは結構オープンな会話もするようになってたけど、ここまで心を許してくれてるとは思ってなかった。

後日改めて「ホントについてくぞ?笑」と尋ねると「俺さんならいいですよー」という反応。
内心「これは行けるかも?」と思ってしまった。

そのやりとりから実際の京都旅行までは2ヶ月くらいの期間があったけど、その間も俺が筋金入りのタイツフェチであることを暴露したり、「絶対タイツ履いてこいよw」「俺さんのためならw」なんて結構楽しいメールを交わしてた。

で、いざ旅行当日。
京都に現地集合の約束だったけど、高速で事故があり俺が1時間くらい遅刻するハプニング。
それでも向こうは文句も言わずに待っててくれた。

旅行自体は事前に計画を練ってあったのでスムーズに進んだ。
俺自身も久々の京都だったので下心も忘れ純粋に楽しんだ。

旅館は向こうが勝手に予約してくれていたところへ。
なんかいかにも老舗旅館ってところだったが、その雰囲気のせいか客の八割は外国人らしく、その日の宿泊客は俺ら以外全員外国人だった。

とりあえず部屋に入り、別々に風呂も済ませて談笑してるうちに、眠ってた性欲が覚醒しはじめた。
「そろそろかな~」なんて考えてると、フロントから電話が。

「外国人と交流会しませんか」と誘われ、相手が「面白そう♪」なんて二つ返事しちゃうもんだから、俺は「トホホ。。。」ってカンジ。

実際俺も交流会に参加したが、よほど性欲が疼いていたのか、その時のことはあまり覚えていない。

で、部屋に戻ってきたので手を出すことに。
その時はすでに浴衣姿だったので、もう一度タイツを履かせて、とにかく脚を触りまくった。
素直に命令に従うし、その間ずっと俺にしがみついてるから、「彼氏に悪いと思わないの?」って聞いてみたら「いいんです…」とよく分からない返事。
そのまま股間に手を這わせると、タイツの上から分かるほど濡れてる。

メールで「濡れたことがない」とか言ってたから、「うそつきめ、濡れてるじゃねぇか」と言うと
「うるさいっ…」と。
このときの反応は結構可愛かった。

指を入れて動かすと、静かな部屋に「クチュクチュ」と響き渡る。
しかも結構デカい声で喘ぐから、タオルを口に押さえつけてた。
ここまでは普通の流れだったし、メールで「Hが痛い」とか言ってたのが信じられなかった。

結構な時間指でやってたから、そろそろ頃合と思いゴム付けて挿入。
かなり濡れてたからヌルッと入った。
そんでもって相変わらずでかい声で喘ぐ。

ヤッてる最中は「mixiで知り合った男とすぐHして、最悪だな」とか「今こんなことしてるなんて彼氏は思ってもないよな」なんてひたすら言葉攻め。

結構スタイル良かったし、タイツ履かせたままヤッてたので俺もかなり興奮した。

騎乗位にすると、相手が自分で腰を振ってくる。
その腰つきがまたエロい。
相当濡れてるからか腰振る度に「グチュ!グチュ!」って音がするのもまた良かった。

その後はバック→寝バック→正常位で、俺が耐え切れなくなりゴムに発射。
もうちょっと抵抗してくるかな、と思ってたが意外とすんなり受け入れてくれたので、終わってから俺も少しきょとんとした。

その日は疲れてそのまま就寝。
翌日も朝早かったので、特に何もなく夕方まで京都観光して別れた。

後日メールで「普通に濡れてたやんw」と聞いたら「自分でもビックリ」とか、「初めてHで気持ちいいと思った」と言ってた。

内心なんでヤッてる最中に言ってくれなかったんだ…orzと思った。
そのままメールも自然に途絶え、特に俺も気にすることなかったんだけど、半月後くらいにいきなりメールで告白された。

言葉攻めとかの反応がイマイチだったのは「好きな人相手で恥ずかしかった」だと。

可哀相だったが断った。
それ以来メールも来ないし、体の関係も一回きり。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談