人気タグ

バイトの後輩が明け方突然俺の家を訪ねてきて

金成さんに投稿しました
  • 0
  • 6,390views
  • 0コメント

10年くらい前、某居酒屋でバイトしてた。

その時の後輩でやよちゃん(仮名22歳)って娘がいたのね
とにかく大人しく人見知りな娘で、こちらから話しかけ無い限りは全くしゃべらない。
返事も愛想笑いと「はい」とかくらい。
見た目はオシャレで原宿とかでスナップ撮られそうな可愛らしい感じ。
マイナーだけどモデルの三戸なつめちゃんの笑ってない感じの前髪ぱっつん系の不思議ちゃん
まあとにかく・・・絡みにくい感じの娘だった。

さて、スタッフみな仲が良く社員も交えて飲み会とかしょっちゅうお店の近所だったうち(4.5畳のワンルーム)に10人で押しかけられたり・・・
いろいろすっとばすけどそんなこんなで、やよちゃんも、少しずつ溶け込んでいってた。

そんなある日・・・僕はその日は深夜0時に終わりだったで更衣室で帰り支度をしていると
B君「今日終わったら(朝6時)行くわ」
俺「OK。じゃちょっと寝てる」

この日の深夜版はB君他数人やよちゃんもいた。
部屋を少し片づけて朝のどんちゃん騒ぎに備えベットに入った。
数時間後
携帯が鳴った・・・
んだよ・・・と思いみるとやよちゃんだと今度はピンポーン・・・

俺「んん?あれ?」
やよ「あ、すいません、お客さん少なくて」
「上がっていいと言われたので先にきちゃいました」
(4時か・・・眠いな・・・)とりあえずやよちゃんを迎え入れ皆が終わるのを待つことに・・・

やよちゃんは先に書いたとおり可愛いんだけど人見知り。
溶け込んだとはいえ、基本的には受け身。
さらに二人っきりちょっと気まずいな・・・案の定沈黙・・・

俺「・・・なんか食べる?」
やよ「えあっはい」
俺「・・・飲む?」
やよ「えあっはい」

こんな具合・・・まずい気まずい・・・とりあえず酒を飲んでどうにかしなくては。
適当につまみを出し2人で乾杯
4時20分・・・マジか全然時間経ってない・・・
喋りまくる俺

やよ「気・・・使ってます?」
俺「え?(うん)いや使ってないよ」
やよ「わたしあまりしゃべらないから・・・」
俺「いやそんなことないよw」
やよ「あっ、わたし化粧落としてきていいですか?」
俺「え?あどーぞ」

酔うと寝ちゃうのでその前にすっぴんになりたいらしい。
台所でゴシゴシしてるやよちゃん

やよ「さっぱりしましたこれで気兼ねなく飲めます」
俺「wよかったねてかやよちゃん肌キレーだねー」
やよ「お肌命ですから」「触って・・・みます?」

あまりの突然のことにドキっとしちゃて、言葉が出ない。
おれの手にとりほっぺたスリスリしてくる。

ドキドキ

ためしに・・・そのまま引っ張ったんですよ。
ステンっとこっちに倒れこむ

俺「マジっすか・・・」
やよ「何がですかー?」
俺「いや、なんとなくw」
ほっぺたから首すじをスベスベ
俺「スベスベww」
やよ「スベスベww」

ハアハアしながらやよちゃんのほっぺをスベスベ
するとその指を「パクっ」

やよ「捕まえたーww」
チュパチュパと指フェラをはじめる
(ヤれる・・・)
俺「wwダメー」
そういって指を抜く
やよ「んー」プンプンしてアヒル口を尖らせる・・・
ので、すかさずキスをした
やよ「んっ」
手をまわし舌を入れてくるやよちゃん・・・

そのまま抱き合いながら10分位舌をベロベロ、Tシャツの上からから胸を触る。

俺「ここはスベスベ?」
やよ「さーどうでしょうw」
俺「チェックしますw」
やよ「スケベww」

めくりあげ、薄水色のブラを外すマジ天使w
B~Cカップくらいの純白ピンクの乳首
体が小さいから膨らんでるんだけど片手にすっぽりはいるおっぱいペロペロ乳首舐めながら全身をスベスベ
やよちゃんは吐息と時折照れ笑いしながらも大人しく喘ぐタイプ
真白すぎる肌は触ると火照って赤く跡が残る・・・

やよ「早くあっしないと・・」
時計を見ると気づけば6時前しまったあと少しできちゃう
やよ「もってる??」
俺「・・・無い」
やよ「・・・今日だけね」
俺「うん・・・」

やよちゃんをベットに寝かせ正常位で生挿入
スルッとヌメヌメ小さい割に締め付け感はあまりなかった。
おとなしくても可愛いもんなヤルことはやってるんだこんなだしw
ちょっと冷静になりながらもやっぱり可愛いと気持ちいい。
急がないと・・・しかし案ずることなかれ・・・即射精感・・・

俺「ダメ・・・イきそうどこに出せばいい?」
やよ「んんん中じゃなければ」
俺「お腹?」
やよ「んんじゃおっぱいおっぱいにだして・・」
俺「??マジやったことないけど・・」
やよ「お願いんんん」

やよちゃんにまたがりおっぱいめがけて・・・

やよ「んーうわ」
数回目のビクンって時に大噴射ブシャー顔射に・・・
俺「あごゴメン」
やよ「・・・うん大丈夫です」
あれ?なんかいつも通りのやよちゃんの・・

やよ「服・・・着ないとですね」
俺「ううん」

お互い服着てティッシュ捨てて換気してドタバタしてるうちにB君ら登場
「お前らやってただろーw」
と茶化されたが本当にやってたとは言えないw
このあと別の男交え、しばらくやよちゃんとSEX三昧なのですがそれはまたいづれw

先日やよちゃんと久々にあったので思い出して書きました。
昔の事なので多少脚色入ってますがwいろいろさせてもらいました。
ノーマルなプレイ、レイプレイw痴漢ごっこ撮影会・・・

やよちゃんは普段はおとなしくシャイなのですがHのときは変貌します。
今思えば就職失敗のストレスか・・・彼氏に振られたショックからか・・ちなみに・・いわゆる彼女って関係にはなりませんでした。
H後、付き合ってと言ったのですがフラれてます・・・まあそれは置いておいて

その日は初めてやよちゃんのアパートに行きました。
某本屋兼雑貨店で集めましたー!みたいなインテリアw
で何故かオナニーの話になった

やよ「オナニー好き?」
俺「へっw?そりゃまーねー」
やよ「ふーん・・・で、やよでヌいてたの?」
俺「はっ?(なぜ男の聖域をコイツは知ってるんだww)」

上目使いでニヤニヤしてくる。
元彼いわく「友達の女子で男はみんなヌいている」と。
はい・・・正解そのとおり!w

やよ「で、どうでした?ぶっちゃけw」
俺「(もうちっとおっぱい大きかった・・・)うんいや、それ以上w」
やよ「今してみてよ」
俺「wwヤダよwなんで」
やよ「は?じゃあもうエッチしてあげない」

ムスっっと・・・

俺「・・・はい」

完全にやよちゃんペースこそこそと脱ぐ俺・・・
しかし、俺もただ言い成りにはならない!
俺「ネタに・・・なってよ」
やよ「wそうきますか・・・」

お互い部屋の隅と隅で一枚ずつ脱ぐ
ブラとパンティー姿の生やよちゃん
色白フェチにはたまらないお肌で、見てるだけでムクムク

やよ「うわwwなんか嬉しいけどw馬鹿みたいw」

シコシコする俺を、変態だのなんだのなじってきます。
妙に興奮したのを覚えていますMの目覚めです・・・
そういえばブラチラ見ちゃった時のこと、思いっきりバレてました・・・それもネタに変態変態言われました。
自分がネタにされてることに興奮したのかやよちゃんもクネクネしてほんのり桃色お肌にw

俺「(なるほど・・・)ねえ、足開いてよ」
やよ「・・・無理」
俺「どうして」
やよ「・・・」

プルプルしながら足を開く・・・やっぱり・・・パンティーはお漏らししたかのようにぐっちょりでうちももにもダッラダラに汁がw

俺「興奮したの?」
やよ「してないっ」
俺「じゃ何それ?」股を指さす
やよ「んー変態変態!」

近づいてチンポ、ギュってされたすかさず、パンティごしにクリを刺激
やよ「うわっんん」腰を引くが、逃がさない・・・クリクリクリっ
やよ「ダメだってんんん」そしてスジをムニュっと刺激したときビュビュッビュー
パンティーの中で潮吹いた溢れかえる汁・・

やよ「今日は終わり・・・」いやいや無理無理ww
お漏らしパンティー脱がし挿入
やよ「あダメだってしかも付けてないん」
床がびっちゃりで全身ヌルヌルでソープみたい。
潮吹き直後の生挿入・・・立て続けの刺激にもはやイク寸前

やよ「あっすごいどうしよう・・・」
やよ「無理、早くしてな中」
俺「は?」
やよ「なかっ」
俺「いーの?」
やよ「う大丈夫?あっダメあっイク・・・」
俺「(どっちww)」

考える間もなく・・・痙攣するやよちゃんにギューッと搾り取られ・・・
気づけばぜーんぶ中に・・・

床で無言でキスしながら30分位ゴロゴロ体べちょべちょ・・・中田氏の件は喋らなかった。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談