人気タグ

諦めていた憧れの同僚OLを誘って、最初で最後の不倫SEX

ティッシュさんに投稿しました
  • 0
  • 1,493views
  • 0コメント

43歳の会社員です。
私には結婚17年の39歳の妻の里美がいます。
出産後は里美は専業主婦になりましたが、元は会社の同期でした。
私は大卒、里美は高卒だったので4歳差なんです。

実は、同期の中で一番美人だったのは清楚な優子で、大卒なので同い年でしたが社外にもライバルがいる状態で、私は、優子が取引のある銀行員と交際していることを知って諦めました。

そんなときに、同期でも、高卒なのでファッションにも疎く目立たない上に、未成年で飲みにもいけなくてあまり付き会いもなかった里美に言い寄られて付き合いだしました。
優子のような美人ではないですが、ほのぼのとした可愛さと、何よりおぼこ娘だった事に感激して結婚に至ったのです。

優子は結婚後も仕事を続けていました。
やっぱり憧れてた女性ですから、清楚な優子が妊娠しておなかが大きくなっていくのを見たときは辛かったですね。
可愛い妻を愛していましたが、幾つになっても清楚で綺麗な優子を私はずっと見つめていました。

そんな優子が、今年の3月を持って退社しました。
東京の本社に転勤になった旦那さんに着いて行くためでした。

私は3月半ばに、優子に最後の食事を誘いました。
優子は、仕事の引継ぎ書類作成で休日に出勤するからその日の昼食ならというので、休日、里美にウソを言って出勤し、優子を車に乗せました。

「俺、優子の事好きだったんだぜ。銀行員と付き合ってるの知ってショックだったな。」

「私だって、如月君が里美と婚約したときはびっくりしたわよ。よく婚約まで秘密裏に交際できたわね。里美のファン、結構いたんだよ。大人しい可愛い子だって言われて、私、同期だから飲みに誘ってって言われたけど、彼氏いたからお断りしてたんだよ。そしたら如月君とデキてるじゃない。」

「ハハハ…里美には悪いけど、優子を諦めた結果だからね。いなくなる前に、一回抱かせて、なーんてね。」

「いいわよ。秘密に出来るなら。如月君には興味があるから…」

清楚な優子は美人なだけでなく、胸もくびれもバッチリある素晴らしいスタイルでした。
里美は可愛い顔に似合って小柄でちょっと子供っぽい体なので、女らしい優子の裸にドキドキしました。

女陰は、花弁が里美よりも大きく伸びて縮れていましたが変色はそんなにありませんでした。
里美の女陰は花弁が小振りですが、ドドメ色に変色しています。
こんな風に、一々里美と比べてしまいました。

憧れ続けた清楚美人の優子の女陰をめくって舐めさせてもらいました。
里美が喜ぶ小豆の吸い転がしをしてみたら、

「アアン、なにそれー。ア、アァ、クウー、ダ、ダメダメ、頭がおかしくなっちゃうよ。アウー、アアァー…」
逝きかけて仰け反りながら逃げました。

「アア、凄い事するのね。里美は毎回こんな事されてるの?大人しい里美もさすがに乱れるでしょ?」

「そうだね。普段大人しいけど、里美だって女だもの、感じれば乱れるよ。これだけで逝っちゃう時もあるよ。」

「なんか意外ね。如月君と里美って、慎ましいセックスしてるのかと思った。そうかあ、あの里美も乱れるかあ。じゃ、お返しにフェラってあげる。フフ、特別大きくはないけど、反りが凄いね。ムグググ…」

美人で上品な優子がびっくりするほどエロく男根を咥えました。
そしていよいよ挿入です。
コンドームを手に取ると、

「あ、そろそろ生理が来る頃だから、そのまま入れていいわよ。でも、中には出さないでくれる。中に残っちゃうと、ね、旦那に求められた時に困っちゃうから。」

生で優子と交われるなんて感激でした。
ズブズブと優子の花弁を割って男根を沈めました。
ウットリとする優子の顔は初めて見ました。
性の快感に虚ろな表情をする女性の顔は、限られた男しか見る事がで来ません。
人妻である優子は旦那さん以外に見せてはならない表情なのです。

「アァ~~~、如月君のチンチン気持ちいいわー、アアァ~~~」

優子の喘ぎはターザンみたいでした。
かなり本気で感じる淫乱爆発の優子に、清楚が崩れてちょっとショックを受けながらも、優子の綺麗な胸にたっぷりと射精しました。

「これは里美のだから、中にはもらえないわね。気持ちよかった。里美、ごめんね。」

優子を車に乗せて、ドライブするーでハンバーガーを買って戻りました。

「優子、ありがとうな。いい思い出になったよ。元気で暮らせよ。」

「うん。如月君も元気でね。浮気はこれが最後だぞ。里美を幸せにしてやってね。」

「ああ、もちろんだ。何だか、優子に憧れた同期の中で俺だけいい思いしちゃったみたいだな。」

「実は…全然そうでもなかったりして。なーんてね。でも生は如月君だけだし、一番良かったよ!バイバイ!」

え?ええ?優子…もしかして…他のヤツにもやらせたのか…あの上品で清楚美人の優子に対する憧れが、次第に薄れていきました。

あれから1ヶ月近くが過ぎようとしています。
帰宅したら、優子から在職中の御礼と新天地で元気に暮らしている事を知らせるハガキが届いていました。

「ねえ、優子さんからハガキが来たよ。元気にしてるって。良かったね。あなた、昔好きだったんでしょ。」

ドキッとしました。
里美と結婚してからただ1回の浮気相手です。
私は里美を抱き寄せ、

「今日、里美を抱きたいな。お前の可愛い体を弄りたいよ。」
「わーい、いっぱい弄ってね。」

本当に子供のように悦ぶ可愛い里美の可愛い体を、今夜はたっぷり楽しもうと思います。

それにしても、昔憧れた清楚美人の最後の言葉、あれはどういう意味だったのでしょう。
優子は他の同期にもやらせたのでしょうか。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談