人気タグ

ショタ好きな音楽教師とのムフフな思い出

杏仁さんに投稿しました
  • 0
  • 1,100views
  • 0コメント

俺は3人姉弟の末っ子。
姉は年が離れていたので、俺が物心付いたときには、姉は県外で就職していて、俺は一人っ子みたいなものだった。

俺の叔父さんが教師をしていて、その教え子が音楽の先生で、俺の行っていた小学校に赴任してきた。
そんなこともありうちに来るようになり、うちの両親とも親しくなった。
担任とかではなかったので、うちに来てはたまに勉強を見てくれるようになり、両親がいない時も来ては勉強を見てくれていた。

そんなある日、偶然俺が風呂から上がったときに洗面所にいた先生とばったり
「お風呂から上がったの?」というや、バスタオルで俺の身体を拭いてくれて
「ちゃんと拭かなきゃ」と身体を綺麗に拭いてくれた。
それ以来、やたら身体を触るようになった気がした。

ある日、両親のいない日にいつものようにやってきた先生が、
「誠君オナニーとかしたことある?」と聞いてきた。
意味もわからなかった俺は、「何?」と聞くとズボンを脱がされて、
「誰にも言っちゃだめよ、先生と誠君だけの秘密だから」というや、チムポをしごき始めた。

なんとなく硬くなった気がしたが、あまりそのときの事は覚えていない。
そのころは、しごかれたりしゃぶられたりしても逝った気がしなかった。

記憶があるのは5年生になったごろで、その時には先生の口の中に射精していたのを覚えてる。
その頃には、先生が来るのが楽しみで、柔らかい手でしごかれることと柔らかい口と舌でしゃぶられることが気持ちよくて、勉強よりもそればかりしてた気がしていた。

たまに音楽室に呼ばれて抱きつかれたり、ズボンの中に手を入れてきたりしていたので、同級生に見られないか心配でしょうがなかった。
教室に帰ると、同級生の女子に「どうしたの」とか聞かれるのが一番ドキドキしてた。

段々先生の行為もエスカレートして親がいる時もしてくるようになって、俺の部屋で冬はコタツを出してコタツで勉強していると、コタツの中でチムポを出して親が部屋に入ってきてもしごきながら教えてるふりしたり。
俺が我慢してるのを見て楽しんでるようだった。
親が部屋を出て行くなり、コタツの中に顔を入れてしゃぶってた。

最初は、俺のチムポをしゃぶりながら自分のマムコを弄ってオナニーする先生が、俺の手を握ってマムコを弄らせてきて、

「誠君はお母さんのここから生まれてきたの。ほら、触ってごらん」

と無理やり先生のマムコ弄らされたり、舐めさせられたり。
まだ胸を舐めさせられた時は嫌じゃなかったけど、さすがにマムコ舐めさせられるのは嫌だった。
俺の口の周りに毛が当たって気持ち悪かったし、ヌメヌメしたのが口の周りにつくし、いつも窒息しそうになってた。

音楽室では抱きついてきてキスしてきたり、俺の手を自分の胸を揉ませたり、チャック下ろされチムポ摘み出してしごかれたりしてた。
御多分にもれず、小学生のチムポだから小さい。
部屋でするときは、柔らかい手で包むと言うより、摘まむとか指で作った輪っかでしごく感じ。

仰向けに寝せられて四つんばい俺の股間に顔を埋めてしゃぶりながら、先生のオナ二ーする姿が鏡に映ってた。
いつも口内発射させられててたまに勢い良く出て口から零れることはあったけど、自分から顔にかけたことは無い。

中出しは先生がいいって言った時だけで、初めて先生に挿入したのは中1に入学した時で、その時は、スキンを先生がつけてくれて、それからは生で挿入するけど外だししたり口内発射。
漏れてたかもしれないけど、基本、外でと言われてた。
「今日は中に出していいよ」って言われたら中だし。

先生は髪は肩までで、いつも来る時はヒラヒラのスカートはいてきてオシャレだなぁと思ってた。
先生の足の間で挟まれるのが好きで、挟まれながらよく寝てた。
暖かくて太股の感触は良かったんだと思う。

先生は俺が高3の時に俺と同じように生徒に手を出して、その生徒が親に言ってばれたらしい。

その後クビになったとか、転勤したとか噂が流れたけど、どうなったかは解らない。
高校の時には会っても無かったし。
先生は、少年が好きだったんだろうなぁ。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談