人気タグ

酔っ払った取引先のOL2人に強引に迫られてセックス展開

プランさんに投稿しました
  • 1
  • 2,184views
  • 0コメント

仕事を終えて、夜12時過ぎに、部屋でくつろいでいると、突然インターホンが鳴り、外に出ると、取引先のOLさん2人がほろ酔い気味に立っていた。
「遊びに来ていいっていってたよね?」とKさんが有無を言わせず
部屋に上がり込んできた。

OLさん達は、俺のコースのお客さんで、普段からよく2人には、からかわたり、いじられていて、うちのDJブースを見せる約束を少し前にしていた事を思い出した。
(無理矢理させられたのだが。)

俺は1人暮らしなので、突然来られてちょい迷惑気味だったが、とりあえず部屋に上がってもらい、2時間くらい酒を飲みながらレコードを回したりして、遊んだ。
KさんもJさんも、うちに来る前に大分飲んでいたらしく、俺も下戸なので、いつのまにか3人とも眠っていた。

寝ていたら、口に何か当たった感触にビックリして目を覚ました。
気がつくと、Kさんが俺に覆いかぶさって、キスしている。

「こんないい女が2人も側に寝ているのに寝てるとは何事だ!」

Kさんは、そう言いながら、俺のスエットを脱がしにかかり、自分の服も脱ぎだして、あっという間に2人とも、パンツ一丁になってしまった。

「Kさん、何してるんすか。マズイですよ。飲みすぎです。ヤバイっす。」

俺は、お客さんに手を出しちゃいけないし、Jさんもいるしと思い、必死に抵抗したが、Kさんは「乳首感じる?」と舌で俺の乳首を転がしたり、「ちゃんと触って!」と自分の胸に手を引っ張ったりと一向にやめようとせず、それどころか「本当はしたいくせにw」と、俺のパンツを脱がし、意識とは反対に勃起している俺のチンコをパクっと咥え、自分もパンツを脱ぎ、俺の顔を跨いで69の体勢をとった。

「Jさん起きちゃいますよ・・・。マズイですよ」と言っても、
「大丈夫。それより、私のもちゃんと舐めて」とますます積極的になって、顔にマンコを押し付けてきた。

それでも俺はまだ冷静なところがあり、
「俺、ゴム持ってないし、これ以上は・・・。」
と言ったら、Kさんは自分のバックからゴムを取り出した。
「もう、入れちゃうね。」
とゴムを着けてくれ、騎乗位で挿入してきた。

もう俺もどうでもよくなって久々の快感に身をまかせていたが、ふと部屋を見渡すとJさんの熱い視線に気付き、「Jさん!」と思わず声を上げた。
しかしKさんは「あーん、恥ずかしい。」
とは言ったものの、腰振りは激しくなるばかり。

俺もすぐに限界に達し、発射。
すげー気まずいと思ったが、Kさんは
「Sちゃんのおチンチン、気持ちいいですよー。Jさんもどうですかぁ(笑)」
てな感じで、すごく自然に振舞っている。

あげくに、「Sちゃん、お風呂貸してね。私長風呂ですから、Jさんごゆっくりw」と言って全裸のまま風呂場に消えていく。
俺は、清楚なJさんはそんな事しないだろうと思いながら顔を見たら、なんと表情は高潮していて、

「起きたらいきなりしてるんだもん。ビックリしちゃった。」
と言ったかと思うと、
「まだ、出来る?」と俺のチンコをなでなで。
「エっ?」と思ったがね体は正直でさっきイッタばかりなのに、またも勃起してしまい、Jさんはニッコリ笑うと、自分から服を脱ぎ出し、ディープキス!

もう俺も理性なんか吹っ飛び、Jさんを押し倒し、つたない経験ながらも体中を愛撫しまくる。
Jさんも手でしごいてくれたり、フェラもしてくれた。
Kさんとは違い、ねっとりとした感じでタマも口に含んでくれる。
気が付いたら、Kさんがバスタオルを巻いて、ニヤニヤしながら見学しており、Jさんも
「Kちゃん、見ないでぇー!」といいながらも、フェラはむしろ激しくなってくる!
「Sちゃん、ハイゴム。」とKさんが渡してくれ、今度は俺が上になって、Jさんと合体。

2回目なのに、下から腰を使ってくるJさんの前に早くもフィニッシュしてしまう。
「Sちゃん、早っ!」とKさんに茶々を入れられるもJさんは優しくキスしてくれたのが救いだった。

その後、2人に俺の性体験について詰問され、素人童貞だったことがバレてしまい、
「だったら私たちが教えてあげる!」とその後2回ずつやらしてもらいました。
同時に3Pはしなかったけど、お互いの行為をじっくり鑑賞し合い、乳首舐めやフェラでの、俺が喘ぎ声を出すとクスクス笑われたりされた。

週が明けて、朝の配達に行くのが気まずかったが、2人とも何事もなかったかのように振舞うのを見て、女はすごいと思いました。
最近は、2人一緒は無いが、たまに俺の家でHさせてもらっています。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談