人気タグ

41歳主婦ですが、従妹の旦那さんのエッチが病みつきになってしまいました

いろはさんに投稿しました
  • 1
  • 1,759views
  • 0コメント

私は41歳の主婦です。
8つ下の従妹が昨年結婚して以来、祖母の体調の事もあり、親戚の集まりが増えていきました。

2ヶ月に1度くらいのペースで親戚が集まるので、私の従妹の旦那さんも普通に話すような仲になっていました。
彼も従妹と同い年で8つ下になりますが、スポーツマンで体つきが筋肉質で私の理想の体型でした。

今年の初夏の事でした。
私の家は主人が仕事で子供達も参加できずに、私だけが参加した集まりがあったのです。

帰りに私はかなり酔ってしまい、従妹夫婦に送ってもらう事になりました。
従妹は飲んでいなくて、運転してくれましたが、初めは助手席に座っていた彼はあまりに私が後部座席で動いていたようで、心配になり、後ろの私の隣に乗ってきたようでした。

あまり記憶がないのですが、私は彼に寄りかかりながら座っていました。
そして、いつの間にか、彼の手が私のスカートの中というよりもショーツの中に入っていました。
色々と触られているうちに、目は少しずつ覚めていたのですが、従妹の手前声を上げることは出来ず、私は手で彼の手を押さえるのが精一杯の行動でした。

しかし、その時にはすでに遅く私は指を2本入れられて、かき混ぜられていたのです。
自分でもこんなに濡れているとは思っていなかったので、驚いていました。
彼のごつい指が丁寧に動き回り、私の中を弄っているうちに私は彼のシャツの端を掴んでいるのが、精一杯でした。

彼も表向きは運転している従妹と普通に会話をしているのです。
幹線道路から少し離れた道を車が進んでいた時に、彼が従妹に
「かよさん、吐きそうだから、ちょっと止めて。」と車を止めさせました。

ちょっと離れた所に、自販機の灯りが見えていて、彼は従妹に水を買いに行かせながら、私を車から降ろしました。
しかし、私は気持ち悪さは多少あったものの、吐き気はありませんでした。

彼に茂みに連れて行かれると、立ったままの状態で、彼の肩を支えにして、私はショーツを脱がされてしまったのです。
そのまま彼は私のスカートの中に頭を入れて、私の股間を舐め始めました。

やり方は強引であったものの、舌の動きは敏感なポイントをしっかりと抑えてきました。

最後までやるのかと思っていたし、私もやる気でしたが、茂みの外から従妹の声が聞こえて、そこで終わってしまいました。
濃厚なキスをされた後、「続きはまた今度ね。」と言われて、茂みから出ました。

私はまた酔っている演技をし、従妹が差し出してくれた水でうがいをしてから、少し飲んで車に乗り込みました。
後ろにいる私を心配しながら運転しているので、家まで通常よりも時間が掛かりましたが、私はその間に彼に手で何度かいかされていました。

一度は彼にうな垂れて、彼のモノをズボンの上からでしたが、口に入れてみたりもしていました。
悶々としての帰宅でしたが、彼からすぐにメールが届きました。

翌日も休日で、彼と初めて2人でゆっくりと会いました。
待ち合わせはお互いの駅から中間地点の場所の駅前で待ち合わせ、車で来た彼にそのまま拾ってもらって、ホテルへと向かいました。
その間も私は彼に手で慰めてもらっていました。

ホテルに入り、シャワーをそれぞれで浴び終わると、彼はまだ体が濡れていた私を持ち上げて、ベッドに押し倒しました。
灯りも点いたままで、足を強引に開かされ、彼のクンニが始まりました。

すごく長い前戯で、クンニだけで3回ほどいかされると、私の全身が敏感になっていて、彼は私の全身に舌を這わせたのですが、背筋をツーっと舌を動かされただけでいってしまいました。

私が彼の股間に手を伸ばしても、まだ触らせてももらえないのに、私は生まれて初めてお尻の穴を舐められたり、指を入れられたりしていました。
下半身部分のシーツはぐっしょりと濡れて、もう水溜りのようになっている所が出来たくらいに、私は力なく彼の股間を触る事が出来ました。

彼の前戯は続いていて、私の頭の中が真っ白になっていきました。
潮を吹いたのも、この時が初めてで、自分自身がコントロール利かずに、どうしようもない状態になっていました。
フェラをしていたときも、必死に彼のモノに掴まって、やっとの思いでしていました。

大きくなった彼を受け入れると、私は今まで感じた事がないくらいの大きさに感じてしまい、先端を突かれたくらいで、いってしまったのです。
入ってきたときに、私の体が全身から彼を受け入れている感じがしました。
彼が少し激しく動いただけで、いかされてしまう体になっていて、記憶が飛ぶくらいでした。

体は汗だくになり、変な痙攣が全身で始まった頃に、私の顔に彼は出しました。
顔に出した彼は、私に「綺麗にして」と言うと、私は嫌がることなく、素直に顔が精液だらけで痙攣も治まらないのに、彼のを咥えて綺麗にしていました。

すると、彼のがまた大きくなっていくのは、分かりましたが、彼は私に止めさせませんでした。
彼がフロントに延長の電話をしている会話は聞こえましたが、その直後に私に衝撃が走りました。

彼が入ってきても、もう体が動かせず、私は段々と意識が遠のいていきました。
彼に頬を叩かれて、意識が戻ったり、また意識が遠のくと、今度は乳首を抓られたりしていました。

気付くと、ぐっしょりと濡れたシーツの上で、2人で横たわっていました。
彼に支えられて、一緒にシャワーを浴びて、私は何とか意識を取り戻したものの、頭がぼーっとしていました。

体には、彼に抱かれた余韻がすごく残っていて、こんな事が初めてだった私は、彼に送ってもらう最中も、何をされたのかと、少し混乱していました。

彼とキスをし、別れたのですが、私の全身に彼の余韻が残っていたのです。
もちろんSEX自体はこれ以上ないくらいに満足していましたが、ずっと抱かれていたいと思ってしまいました。

以来、私は彼に頻繁に連絡を取り、お互いに時間を見つけては、会うようにしていますが、彼が私を拒否する時もあります。
「長続きしなくなるから」という理由ですが、私は一時期納得が出来ないくらいに彼にはまってしまいました。

昨日も彼に抱かれてきたましたが、やはり未だに彼に抱かれると失神に近い状態にされてしまうのです。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談