人気タグ

従姉の太ももをガン見してたらバレ→次の瞬間、俺はチンポを握られていた

本田邦洋さんに投稿しました
  • 0
  • 2,129views
  • 0コメント

従姉家族と旅行し、旅館に泊まった。
他の家族が街に繰り出していったが、しらけた俺は旅館の風呂につかり、一人で部屋のテレビで時間をつぶしていたら、一風呂浴びて、買い物だけ済ませて帰ってきた従姉の姉ちゃんが部屋に入ってきた。

「○○ちゃん(三つ年上の実の姉ちゃん)たちは外湯回りして、少し飲んで帰ってくるって」って俺に笑いかけながら、横に足を崩して座ると、菓子をぱくつきはじめた。

ちなみに従姉の姉ちゃんはH子といい、俺より6つ年上。
手足の長い、一度だけ見たことのあるスーツ姿は、細身の体によく似合っていて、俺からみれば「大人だなぁ」って感じで、いつも温和な空気をにじませてる女だ。

二人でテレビみながらビールをあおって、片肘ついて横になった瞬間、彼女のあらわになった太ももに釘付け・・・・

俺の息子がぐんぐん反応してきたため、仕方なくうつ伏せに姿勢を直すとさらに太ももが気になり顔を横に向けて目をつむっているフリをしながら太ももを凝視・・・・・

従姉のH子姉ちゃんもそれに気がついていた。
テレビでニュースが流れ始め、少しざわついていた雰囲気が落ち着き始めた時、ビールで顔を赤らめたネェちゃんがポツリ。

「Hくん、さっきから薄目あけてどこ見てるの?」

ドキっ・・・・ばばば、ばれてる。
俺は従姉のH子姉ちゃんをそれまで女としてみたことはなかったし、うちの姉ちゃんと同じようにどんなに裸に近い格好で近くをうろちょろされても、あそこが反応することなど絶対になかった・・・なのに・・これは何故なんだ!?

無言でちょっと血の気引きながら俺は無言で寝たフリ・・・が無駄だった彼女は上体を傾け、俺の背中に手をのばしながら言った。

「なぁ、私の太もも見てたんやろ?やらしいなぁ(笑)」

体に触れられた瞬間俺はびっくりして上体を瞬間的に反らせてしまった。
寝たふりってのは完全にバレバレ、さらに追い討ちをかけるH子姉ちゃん

H子ネェちゃんは俺のほっぺたをペシペシたたきながら

「Hくんもそんな歳になったんやねぇ、私もおばさんになるはずやわ」
(ってまだ24か5のくせに)

誘っているのか!?まさか、しかしこの色気は何なんだ!??
うおおおおおお~と心の中で煩悶しながら、
「どうせ姉ちゃんや母ちゃんとかにチクられる、俺はもう逃げ切れねぇ!」
と思い、彼女の腕を掴みながら体をひねって上半身を起こした。

最悪だった、はだけた浴衣のすそはぺローンと俺の脛毛をあらわにし、元気になりすぎたあそこは、チェック柄のパンツのテントを持ち上げている。
余りの自分の情けない姿に、立ち直れないほど精神的ダメージを負った(若かった・・・今なら全然平気で開き直れるが)。

目の前が真っ暗になった俺は、そのまましばし固まっていたのだった。
が、次の瞬間、H子ネェちゃんは信じられない行動にでていた。
俺の元気になったあれを右手でむんずとパンツごと握り締めている・・・・

ずらされたパンツ、彼女の手に生で握り締められた俺の息子・・さらに上下に手を動かし、刺激し始めた。

俺は童貞、初めて他人から受けるこの快感!
酒に弱いH子ネェちゃんも赤ら顔で、息も少し乱れている。

「ふぅ・・はぁ・・・、気持ちいいんかな?Hくん、こっちの経験はあるん?」

このされるがままの俺をみてわかってるだろ、あるわけねぇ!

ここで俺の理性は完全に本能に打ち負かされ、生まれて初めて、一番力いっぱいの思い切った行動にでた。
彼女を押し倒してキスしようとした・・・と、その時、俺は頭まで突き抜ける衝撃を股間に感じ、目から白いチカチカをだしながらもんどりうった。

彼女の膝は見事に俺の股間を直撃。
彼女も息が荒い・・・

「はぁ、はぁ・・・なに調子にのってるん?みんなもうすぐ帰ってくるかもしれへんし、、ふぅ」

童貞の思い切りは見事に打ち砕かれた。
その後、しばらくはそれをネタに一人でするのが日課だった(笑)

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談