人気タグ

飲むと酒乱になる妻の癖を承知の上で、友人の撮影会に参加させた

やまちゃんさんに投稿しました
  • 0
  • 1,138views
  • 0コメント

私の妻を紹介します。
妻は36歳で、女ざかりの一番きれいなころだと思います。
身長は165センチで、少し大柄ですが太ってはおらず、巨乳のほうです。
ウエストも細めでヒップは大きめと、めりはりのある体型です。
音で表現すると「ボン・キュッ・ボン」でしょうか。

顔もまあまあ良いので、繁華街に買い物に行くと、
おじさま風の中年男性や重役風の初老の紳士から良くナンパされると自慢げに言っています。

結婚して12年経ちます。
子供は9歳の女の子で、あまり手がかからなくなってきました。
文句の付けどころのない妻で、夫婦仲も良い方なのですが、
夜の夫婦生活はめっきり回数が減って、年に数回程度になっていました。

妻にひとつ難があるとすれば、アソコが緩いということでした。
妻自身はそのことは気付いていないようです。

妻は脚が少し太めなのがコンプレックスなのだそうで、
外出する時はよくズボンやジーパンを履いています。
私自身は妻の脚は気に入っていて、素肌のなま足を見ると結構そそられます。

ある日のこと家でパンティ姿でいる妻に、
写真サークルの飲み会にミニスカート姿で一緒に出てほしいと申し出ました。

すかさず妻は、「いやよ~そんなの。脚太いし、恥ずかしいよ~」と言いますので、
「全然、太くないよ、大丈夫だって、きれいな脚だし、俺見ているだけで、もうちんぽビンビンだから」
そういってパンツをおろして本当に勃起したところを見せると、
ころころ笑って今回だけということでOKしてもらいました。

趣味でやっている写真サークルは9人ほどのメンバーですが、宴会の日は仕事の都合や家の用事で4人が欠席して、私と妻を含めて6人の参加者でした。
写真サークルはもちろんカメラ好きの連中の集まりで、全員が男です。
被写体の題材は何でもよくて、風景写真や人物写真が多いですが、モデルを雇ってヌード撮影会も時々していました。

妻のその日の格好は8月ということもあって、
ひざ上15センチほどの黒のミニスカ・ワンピース姿で、胸元も大きくあいていて、
白いオッパイの谷間を惜しげもなく露出させていました。
下着もおそろいの紫色でとてもセクシーです。

「この格好でいいの?」と妻が聞いてきたとき、
私は内心、これは写真サークルの友人たちにサービスし過ぎかな、と思いましたが、私自身が興奮していたので、OKを出しました。

集まった場所は、メンバーの一人が経営する大部屋の個室付きの、居酒屋でした。

飲み会の場所に着くと私たち夫婦が最後で、参加予定の7人がそろいました。
妻以外は全員男です。
サークルの友人たちは皆妻を見てびっくりしたようでしたが、一様に、きれいな奥さんだと言って褒めてくれました。

私は小さなポケットカメラしか持っていませんでしたが、
皆はキャノンやニコンの高級機種を持って来ていて、奥さん一枚撮らせて、とシャッターを切ります。
私は上機嫌で早いペースで酒を飲んでしまい、
皆が次々に注いでくれもしましたので、酒にあまり強くない私は、酔酔っ払って店の奥で寝てしまいました。

この後とんでもないコトが起こってしまいました。
その話を後日、写真サークルのリーダーのAさんが教えてくれました。

妻は昔から酒が弱いくせに好きで、アルコールがはいるとだらしなくなるタイプの人間です。
気が大きくなって、誰とでもキスをしたり、急に上着を脱いで下着姿になったりする性癖があります。

妻の告白によると、学生時代サークルの飲み会で酔わされて、
それほど好きでもない先輩の学生に処女を奪われたのだそうです。

私の知りあう前のOL時代にも、妻は会社の飲み会で妻子ある上司に酔わされて、
ホテルに連れ込まれたことがあったそうで、その後も上司との不倫関係が続いて、
ボロボロにされ捨てられた壮絶な過去がありました。

やがて私と出会い、1年ほどの交際の後に結婚しましたが、
妻の男性遍歴は上司との不倫も含めて結婚前に聞いており、それを知った上で私は結婚したのでした。

酒癖については仕方がないので、酒のからむ席には私がいつも監視役として同伴していました。
今回は監視役の私が酔って寝てしまい、コトが起こってしまったのです。

Aさんの話によると…妻は4人の友人たちに囲まれて、私が店の奥のソファーで寝入っている間も酒を飲んでいました。
かなり酔っていたようです。
座椅子に座っているのにあぐらになったりしてパンチラ状態の上、
テーブルに頬杖で前かがみになって、豊満な胸の谷間も奥まで見せていました。

友人たちも酔っていて、遠慮なく視姦していたそうです。
メンバーの一人が大胆にも「奥さん、写真とらせてよ」と言うと、パンチラポーズの妻の写真を撮り始めました。
とたんに俺も、僕も、私もと皆が手持ちのカメラで「写真撮影会」を始めたのでした。

酔った妻は「エ~ど~こ撮るの~、ダ~メで~すよ~、こんなオバサンの~股間を撮ちゃ~」
と言いながらも、皆のカメラのレンズに向かって脚を開いて閉じたり、脚を組み替えたりしていたそうです。

私と同い年くらいの友人が大胆にも調子に乗って、「奥さん、長くて綺麗な脚ですねー」といいながら、妻の太ももあたりを撫でたそうです。
その行為を見ていた若い男が酒の力で気が大きくなっていたのか、妻の横に座ると「奥さんは俺のもんだから」と妻の肩を抱き寄せたのでした。

妻よりも10歳ほど若い男(友人の友人で、私のよく知らない男)は
「奥さんみたいな人、タイプです。一目ぼれしました」と亭主持ちの人妻に向かって、堂々告白したそうです。

「ん~もう、また~36歳のオバサンですよ~からかっちゃ駄目ですよ~」
けっこう嬉しそうだったらしい妻でした。
その男はなおも妻の太腿や胸を触って「手が勝手に奥さんを触ってしまうー」
とセクハラをしていたようですが、
妻は「もう…こんなオバサンからかって…彼女いるでしょう?」と、あまり怒りませんでした。

嫌がらなかった妻を見て、さらに男は「奥さん、脚きれいで肌スベスベですね」
そう言って、膝から股間にかけて撫でるように触っていたそうです。

妻は「こんなオバサンの太い脚さわっても面白くないでしょ~
お兄さんなら若い女の子の方が良いでしょ~」と言うだけで、男の手を軽く振り払う程度なのでした。

男が「さっき、奥さんのパンティのなかが見えたとき、真中が濡れていた」
と言うと「イヤン恥ずかしい、それはオリモノ」と言ったらしいのですが、
そこから放たれていたのは分かる人には分かる女の匂いだったのでした。

その様子を見ていた他の男たちもだんだんと興奮して、
妻のからだをあちこち触りだしたのです。
妻も感じてきたのか、とうとう悪い癖が出てしまったようで、
妻の方から「キスしよう」と、若い男とキスをしました。

僕も、俺も、私もと次々と男たちが群がってキスを求めてきたので
「いいよ~順番にねっ」と言って、妻は初対面の4人の男とキスしたのでした。

発情したのか妻は「熱いの~」と言いながらワンピースを脱いでしまいました。
そのセクシーな下着姿に興奮した男たちは大喜びで「あ~奥さんが服脱いじゃった。
下着もぜんぶ・下着もぜんぶ・・・」と手拍子で全員がリクエストの合唱をしたのでした。

妻は、なんと「あ~ん、見られていると興奮しちゃう~特別にストリップ・ショーよ~」
といって、男たちの口での伴奏で歌う「タブー」の曲に合わせながら、
ストリッパーの真似をして紫のパンティ一枚になってしまったのでした。

理性の歯止めを失った男たちは、やった者勝ちの状態になって「胸でけ~牛みたい」と言いながら妻の胸を揉んだりしたそうです。
「こんなオバサンの垂れたおっぱい揉んでも嬉しくなないでしょ…ア~ン」と妻は言っていたのですが、
一番若い男が「乳首もすいて~」と言って妻の乳首に吸いついてきたのでした。
勢いで畳の上に押し倒されてしまったそうです。

別の男も興奮して、下着も取っちゃえとパンティを剥がしてしまいました。
他の男がカメラで妻の秘部をカシャカシャ写真にとっていたそうです。

「ア~ン、いやだ~」と最初は嫌がっていたようですが、
右の乳首、左の乳首と別々の男に吸いつかれ、脚やら股間を触られて
「奥さん、アソコ濡れてる~コレ、まじ~」と膣に少し指を入れられ、本気汁で濡れた指を見せられて、感じているのを見破られたのでした。

「ダメ~、オバサン、ビール飲むと濡れやすいの~」と、意味不明の言い訳をする妻なのでした。

一番若い男が、ズボンを脱ぎ、パンツから一物を出すと、妻の顔につき出して「奥さん、しゃぶって」と言い出したそうです。
他の男も負けまいとズボンを下し始めたので「順番よ」といって、
畳の上に正座すると次々に出される男のチンポを口に含んだのでした。

また、両手も使って4人全員の男のチンポをしゃぶったり、しごいたりしていたのです。

そんな時に私はというと、店の奥のソファーで大いびきをかいて寝ていたらしく、おまけに間の木戸を閉められて、中の様子も分からなくされていたようです。

若い男が「奥さん、やらせて」と言い出した時は、
さすがに私に悪いと思ったのか…妻ではありません…リーダーのAさんが、フェラだけでやめておくように一喝したそうです。

結局、若い男は妻の口の中で射精して、ほかの男も妻の顔や胸にザーメンをかけて逝ったのでした。

一人がカメラで連続して写していたのを後日見せてもらいましたが、ザーメンを体中にかけられ、
口の中にも残っている状態でピースのポーズで笑っている妻の痴態がそこには写っていたのです。

翌朝、といっても日曜の昼近くに自宅で目覚めた私は、昨日の宴会のことを妻に聞きましたが、酔っていて記憶が飛んでしまっているというのです。
どうも、また服を脱いだらしいことは憶えていると。

妻には前歴がありましたので、胸騒ぎのした私はAさんに連絡をとりました。
Aさんは奥さんに聞いてくれと言って、なかなか話ませんでしたが、妻が服を脱いだと言っていることを話すと、全てをを話してくれました。

そして写真にも撮ったというので、Aさんの家に行って見せてもらいました。
ちなみにAさんはバツイチで独身の38歳です。
写真は高画質のデジカメで撮られており、高画質大型モニターで見せてもらいました。

100ショット以上ありましたが、私と一緒の写真から始まって、
乾杯、食事しながらおしゃべり中のみんなの表情、私が寝た後の妻、パンチラポーズ、胸の谷間のアップ、若い男に肩へ手を回されての笑顔、胸を揉まれている写真、
キスの写真は一人ひとりと、キスの一枚は互いに舌をつき出して、ストリップダンス中の妻の連写、

パンツを脱がされて指をアソコに入れられているところ、本気汁に濡れた指のアップショット、フェラ中の妻と若い男、
その時の口元のアップ、口いっぱいの白いザーメンのクローズアップ、
そして最後は顔や胸にザーメンをかけられてのピースポーズでの笑顔と、AV女優顔負けのどぎつい淫乱写真でした。
Aさんがホンバンだけは止めてくれたのには感謝しなければなりませんでした。

妻は酒を飲むと人が変わります。
淫乱女に大変身するのです。
今回は私が無理に妻にエッチな格好をさせて連れて行き、先に寝てしまったので妻に文句は言えませんでした。

しかし、妻の乱交写真は刺激的でエロいものでした。
写真のうまいAさんの高級カメラの「作品」ですから見応え十分です。
私のお宝の一つになっています。

妻には罰として今度Aさんやメンバーの若い男に出てもらって、AVビデオを撮る計画をたてています。
その結果はこの次に。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談