人気タグ

大学時代の友人に駅のトイレで正常位責めされちゃった

大崎淳一郎さんに投稿しました
  • 0
  • 939views
  • 0コメント

今年の夏、久しぶりに大学時代のメンバー何人か集まって飲むことになった。

学生時代の思い出とか、仕事の愚痴とか、この仲間だから話せることがたくさんあった。

週末の勢いもあって、相当に飲んだ。

わたしは酔うとすぐに、手を繋いでと言う癖がある。

それは周囲もわかっていて、隣で手をつないでいた友人も、慣れた顔で笑っていた。

今考えたら、ある意味、狙って飲まされたんじゃないかと思う。

2次会が終わって、3次会に移動するころも10人程度が残っていた。

みんなかなり酔っぱらっていて、他愛もないことで大声で笑い合っていた。

次の日の朝一で、彼氏と約束があったわたしは、意識が半分飛んだ状態ながら、そろそろ帰らなければと、頭の端で考えていた。

「ホテル行こう」

ふと手を繋がれて、見上げると、さっきまで横に座っていた友人だった。

わたしが酔っぱらって、手を繋いでとせがんでいた相手だった。

周りに聞こえないように、耳元にささやいてくる。

でも、周りはみんな酔っぱらっていて誰も気にしようとはしない。

「それは、ダメ」

わたしは身体を寄りかからせながら、笑って答えた。

「いいじゃん」

「ダメ」

「お願い」

「えー」

3次会に向かおうと、誰かが歩き始めたらしい。

わたしたちも手を繋いだまま、みんなより少し遅れて歩き出した。

「じゃあ、3年ぐらいしたら、しよっか」

「だめ、その頃は俺もう結婚してるから」

「何それー!彼女いないくせに」

「だから今日、お前としたいの」

そんなことを笑いながら話をしていた。

ときどき、軽くキスをした。

駅と連結した、地下街に降りる階段があった。

他のみんなはずっと先を歩いていて、ここで降りてもきっと誰も気付かないだろうと思った。

同じことを彼も考えたらしくて、もう1回言われた。

「電車乗って、ホテル行こう」

「明日、彼氏と約束あるから…」

口では答えながらも、本当は少し心が揺れていた。

今えっちしたら、絶対に気持ちいいと思った。

そんな気持ちが伝わったのか、彼は手を引っ張って階段を下りた。

「泊まるのは、やっぱりダメ」

そう言って、上目で彼の顔を見ると、少し寂しそうな顔で笑って言った。

「じゃあトイレ?」

「え?」

駅地下街のトイレは、本当に綺麗だった。

もう周囲の店はどこも閉まっていて、人が入ってきそうな気配もない。

半分だけ酔った頭で、なんでこんなことになったんだろうとぼんやり思いながら、2人で女子トイレの個室に入った。

荷物を後ろの棚に置いた。

彼が立ったまま、わたしを壁に押し付けてキスをしてきた。

今まで彼に対して恋愛感情は持ったことなかったけど、キスがすごく気持ちよかった。

気が付いたら、自然にえっちな声が出た。

わたしのスーツのインナーは白いシャツで、ぎゅっと押し付けると少しだけブラが透ける。

淡いピンクのブラのふちを、親指でこすられた。

「透けてる」

彼はにやにや笑って、片手を背中に回してホックを外した。

急に胸の力が抜けて、やん、と声が出た。

身体を壁に押し付けたまま、Tシャツの下から手を入れて、乱暴に触ってくる。

「Dぐらい?」

耳元で言いながら、わたしのTシャツを脱がせてブラも外してしまった。

わたしの目を見ながら、乳首を親指でぎゅっと押してくる。

目を逸らせないまま、恥ずかしくて、でも気持ち良くて、変な声が我慢できなかった。

「下も脱いで」

わたしは自分でスカートのファスナーを下して、ストッキングを脱いだ。

こんなことになると思わなかったから、ブラとショーツがセットじゃなかった。

その時のショーツは黒レースの紐で、彼はわたしの足の付け根を触りながら、

「超えろいんだけど」と、嬉しそうに笑っていた。

「こんなの、いつもだよ」

少しえろい声で答えると、彼は笑いながら下着の中に指を入れてきた。

あん、ダメ、と声が勝手に出る。

胸だって気持ちいいけれど、やっぱりあそこを触られるのは全然違う。

立って身体を壁に押し付けられたまま指を入れられているので、足がガクガクする。

彼はずっとわたしの顔を見ていた。

そのとき、誰かの足音が聞こえた。

隣の個室に誰かが入ったらしい。

鍵がかかる音がした。

彼は、わたしの声が出ないようにキスをすると、そのまま指を動かした。

くちゅくちゅと音がする。

わたしは、声にならない声を喉で漏らした。

隣から、流水音がする。

女性の声で咳き込む音がする。

びっくりして、キスしたまま彼の目を見る。

彼は意地悪そうに笑ってわたしの目を見て、それでも指を動かすのを止めようとしなかった。

わたしの弱いところに触れるたびに、ん、とキスしたままの唇の間から息が漏れる。

絶対に隣の女の人は気付いてる、そう思うと恥ずかしくなって、余計に感じた。

しばらくして、また足音が聞こえて、隣の人が出て行ったのがわかった。

「びっくりしたな」

「うん」

2人で笑って、わたしは彼のシャツのボタンを外し始めた。

ボタンが外れると、彼はベルトを外して、ズボンとボクサーパンツを脱いだ。

もう十分に大きくなっていた。

どちらかと言うと細めだけれど、色も形も綺麗だった。

「1日シャワー浴びてないから、汚いけど」

「ううん、大丈夫」

「舐めて」

うん、と頷くと、わたしはひざまずいて口に彼をくわえた。

1日の終わりなのに、なぜか匂いも味も薄かった。

舌先でカリの裏側を探ってみる。

動いてと言うので、頭を動かして彼のものが反応するのを感じていた。

しばらくして、口にくわえたまま上目で彼の顔を見上げた。

彼は少し恥ずかしそうな顔をして、もういいよ、とわたしの身体を起こした。

「入れたいんだけど、いい?」

「持ってる?」

「持ってない」

「・・・今日は大丈夫だから、いいよ」

少し怖いと思ったけど、日を考えたらほぼ確実に安全だと思った。

何より、麻痺した頭では、今ここでやめられる気がしなかった。

彼はわたしを後ろ向きにして、壁に手をつかせた。

いくよ、と言って、一気に後ろから突いてくる。

こんなシチュエーションのせいなのか、びっくりするぐらい気持ちよかった。

きっと彼氏の方が上手だけど、いつもと比べ物にならないくらい気持ちよかった。

わたしのお尻と、彼のお腹が当たってパチンと音がする。

我慢できなくて、正直な声が大きく出る。

彼は背後からわたしに密着して、片手でわたしの腰を抑えて、もう片手で乳首をいじってきた。

「お前、声大きすぎる」

「あん、…だめ」

「俺も超きもちいい」

「なぁ、正常位じゃだめ?」

いくら綺麗だと言っても、トイレの床に寝るのは少し抵抗があった。

でも、わたしが1番好きな体位は正常位だし、今さらの状態で、抵抗も何も無かった。

言われるままに床に仰向けになって、足をM字に広げたところに、彼が入ってきた。

彼が動くたびに、ぐちゃぐちゃと音がする。

口が勝手に、もっと気持ちよくなりたいと言っていた。

「もっと…もっと奥まで来て」

「やばい、中きつい…超熱いんだけど」

見上げた彼の額は汗だくで、目はもう笑っていなかった。

わたしはそろそろ限界だった。

びくっと電流が走って、わたしが先にイってしまって、それからしばらくして彼も外で出した。

頭がじんじんして動けない。

彼はわたしの髪の毛を触りながら笑った。

「お前、めっちゃ可愛い」

お互い恋愛感情はないのはわかっていても、ドキッとしてしまった。

その後は、本当にそのまま家に帰った。

別れ際に、彼に聞いてみた。

「ねぇ、こんなことになると思ってた?」

「…ちょっと思ってた」

「まじで!!」

「ごめん・・・気持ちよかった?」

「…気持ちよかった」

なぜ彼とあんなことになってしまったのか、今でもよくわからない。

みんなには内緒の話だけど、すごく気持ちよかったのは事実なので、
いつかまた、こっそりこんなことがあってもいいのではないかと思う。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談