人気タグ

駄目だ!とはわかっていたけど…妻の母親と禁断の近親相姦

ティッシュさんに投稿しました
  • 1
  • 2,557views
  • 0コメント

嫁の母は40代後半、小柄でぽっちゃりだが胸は異常に大きく、今の時期セーターなど着ると、むしゃぶりつきたくなるくらい、エロい体つきだ。
嫁が痩せているせいか義母の胸には、ある種の憧れを抱きながらも婿として、家族交際をしてきた。

ところがある時、嫁実家のリフォームを巡り業者とトラブル、訴訟を起こす騒動となった。
義父は面倒な手続きなど全て義母に任せてしまい、温室育ちの義母は免許もなく一人奔走を・・・見かねた嫁に頼まれ、仕事が夜勤の俺が昼間運転手としてお供をしてた。

弁護士事務所や、役所など廻る車内で会話が弾む事もなく、重苦しい雰囲気のお供だが、義母の豊満なバストと、香水の匂いに、役得感に浸りながらの運転だった。

数ヶ月の間何度かお供をしてきたのだが、ある日、業者が和解に応じるとの連絡が入り、無償改修するとの事で全て決着した。

義母達は歓喜し、俺も少なからずお役に立てて安堵したのだが、義父が世話になったお礼にスーツを新着してくれるとの事。
お言葉に甘えて義母と一緒に買い物に出かけた。

義母は何度も連れまわした俺に、罪悪感があったらしくて、かなり高価なスーツを買ってくれた。
仕立てが終わり、持って帰ろうとすると義母が「せっかく新調したのだから、そのスーツで食事に行きましょうよ」と言われたので、そのまま食事に。

この日の義母はぱっと見、30代?でも通用するようなファッションで、巨大な胸がより強調された、赤いセーターであった。

俺は内心、スーツより体でお礼をして欲しい(笑)と、思いながら義母の胸を凝視していたら、視線に気づいた義母に「いやぁねぇ?、こんなおばあちゃんの胸をじっと見て」と笑われた。

俺は社交辞令のつもりで「○○(嫁)も、お母さんくらい胸があればいいんですけどね。
凄くセクシーですよ」と切り返すと、義母は顔を赤らめ無言になってしまった。

沈黙に耐えかねた俺は、そそくさと食事を済まして、足早に店を出て義母を送り届けるべく帰路に。
車内も無言の状態が続き、暖房に汗ばむ俺を見かねた義母が「喉が渇いたなら喫茶店にでも行く?」と誘ってくれたが、この気まずい雰囲気は耐えられないと思い「缶コーヒーでも買いましょう」と、車内で飲む事にした。

しばらく市内を走っている時だった。
猫が飛び出して来て、思わず急ブレーキを踏んだ時に事件は起こった!
義母が、新調したスーツに、缶コーヒーをぶっかけてしまったのだ。

慌ててハンカチで拭き取るが、狭い車内とウン十万もしたスーツのシミで、義母はパニックに・・俺も何とか拭いてシミにならぬよう、どうすればいいのか考えあぐねていたらすぐ先に、なんとラブホがあった。

ラブホやコインパーキングなどは、入室(駐車)してもすぐにはカウントされず、確か?5~10分くらいは、猶予時間があると思っていた俺は、義母に説明をして、ラブホに乗り付けた。

急いで入室して風呂場のシャワーで洗い流す。
義母も真横で心配そうに見つめている。
しばらくお湯をかけ、何とか目立たない感じになり、ほっとした俺が義母を見ると、大泣きしてメイクのとれかかった母が居た。

「ごめんね○○さん、私がドジなせいでせっかくのスーツが・・」と、泣きじゃくる義母に「お母さんのせいじゃないですよ。
猫も轢かなかったし、スーツも何とか大丈夫ですし・・どうか泣かないで下さい。」と声をかけるも、責任感の強い義母は自分を責めて泣きやまず、そうこうしている間に、時間が5分を過ぎて、休憩料金を払わないと出れなくなってしまった。

俺は、「無料時間を経過してしまったらしいので・・ゆっくりメイクを直されて下さい。僕はドリンクでも頼みますから」
と、母に伝えると「ごめんなさいホテル代は私が払いますから・・」と洗面台に向かった。

メイクを済まし戻ってきた義母は、やや落ち着きを取り戻して室内を観察し始めた。
見るもの全てが物珍しいらしく、豪華な内装や大きなソファーに、凄い凄いと感心しきり。

「お義父さんとは来られないのですか?」と尋ねたら、大きく強い口調で「来ません!」と・・また気まずい雰囲気になるかと思われたが、気を遣ったのか「私達夫婦はもうそういう関係は卒業したのよ。」と一転穏やか口調で語りだした。

義父は40代で糖尿になり、夫婦生活も何十年もないらしい。
話は病気の内容になり、何とか気まずい雰囲気を脱したのだが、部屋が静かすぎる為音楽をつけてみた。

室内にはジャズが流れ義母は凄いと関心している。
違うチャンネルはないのかと、義母がリモコンをいろいろ押してる内に、アダルトビデオに代わって室内には女性の喘ぎ声が!あちゃ?と思い義母からリモコンを貰い、チャンネルを変えようと見ると、義母の視線はAVに釘付けになっていた・・・

俺は少し意地悪に「お母さん達はこういうビデオとか観られないのですか?」と、尋ねてみると義母は無言で頷いた。
偶然にも、内容も内容で、義理の息子に迫られる場面だった。

母の生唾を飲む音が聞こえてくる。
俺はもしかして・・できるかもしれない!?との興奮に慎重になった。
万一、拒まれた際の言い訳を、あらゆるシチュエーションで考えてみるが、すぐ側にある豊満な胸にまともな考えもまとまらず・・・そうこうしている内に母が、チャンネルを変えて普通のTV画面になった。

沈黙を嫌う義母が「最近のホテルは凄いサービスなのね。そのコーヒー飲んだら出ましょうか」と切り出してきた。

俺は何とか話題を変えて、アダルトなムードにしたかったが・・・義母はバツ悪い表情であくせくと身支度を始め出した。
止む無く出ようと、清算機で支払おうとしたら「○○さん、私が払いますから」と近づいてきた。

俺は「お母さん、今日は高価なスーツを買って頂いたのですから、僕が出しますよ」義母はムキになり「いいえ私が出します。私が悪いんだから」と押し問答。

バッグから財布を出す義母の後ろ姿に、悪魔が囁いた・・「今しかチャンスはないぞ!」と。
俺は、いきなり後ろから抱きつき、両胸を思いっきり掴んだ。

びっくりした母は「いやぁあ?!」と絶叫!あまりの大声に驚いた俺は、口をふさぎベットまで引きづりながら、押し倒した。
ここまできたら善悪や理性はなく「ヤル」事だけに脳は使われる。
義母=家族ではなくなり、オスとして射精するまで止まらないのだ・・・優しさや尊厳もなく義父や嫁の事も浮かばなかった。

口を塞がれ、服を剥ぎ取られまいと抵抗する母に、無言で力任せに服を脱がす。
一枚一枚脱がす毎に異常に興奮する俺に、慄きながら義母は声にならないうめき声と、涙で咳き込む。

俺はまず義母の抵抗(悲鳴)を削ぐ為に、挿入を最優先させた。
一度挿入されたら、女は諦めて身を委ねると何かの本で読んだ事があったからだ。

憧れの巨乳?爆乳?を愛撫するより先に、下半身を脱がして暴れる脚を力任せにこじ開け、挿入・・・その瞬間義母は目を見開き暴れなくなった。

ゆっくり腰を動かしながら手の力を緩めて「お母さんごめんなさい、ごめんなさい」と蠢いた・・・第一段階の挿入を済ませてある程度冷静になった俺は、事の後の事を考えだしたのだ。

「ずっと好きでした。痛い思い、怖い思いさせてごめんなさい。」
同様の言葉を、何度も何度も投げかけながら、腰を振り続ける。
熟女とはいえナマ挿入でやり続けていると、身体は気持ちよくなり、イキそうになるのか?義母は挿入後、無言で目は天井を見つめている。

義父や娘への罪悪感と、自己嫌悪で放心状態なのかもしれない・・最悪の場合、俺は嫁も仕事も失う、犯罪者になるやもしれない。
自己保身だけが頭をよぎる。

俺はひどい仕打ちをした義母に、都合良い対応を求めた。
「こんな形であれ、お母さんを抱いた事を後悔していません・・昔から憧れてた思いが、いつしかはこういう形で爆発してたと、思うのです。」
「どんな罪も、バツでも受ける覚悟です。」
そう涙声で告げると、「こんな事されてもう生きていけない・・あの人(義父)に顔向けが、できない」と泣き出しまいました。

お涙頂戴の同情作戦も、効果なしとみた俺はいくとこまでいくと決意!義母を全裸にして、溢れる爆乳にむしゃぶりついたのです。
母はもう抵抗しませんでした。
俺は人生最後だとの覚悟もあり、激しく義母を突きまくりました。

1時間くらい体位を変えたり、思うがままにしてると、義母の反応が微妙に変わってきた。
感じているとまでは、いかなくても明らかに息遣いが荒くなり、俺の首に腕を回して俺の動きに合わせるように、協力しています。

俺は思う存分、柔らかい、巨大なる乳房を揉みしだき、乳首を刺激すると、なんと良い声で鳴きはじめました。
喘ぎ声を聞かされた私は、止まる事を知らずの男と化したのです。

・・休憩してまた挿入、休憩してまた挿入を繰り返して、母は何度絶頂を迎えた事でしょう、軽く10回以上は楽にイッてくれたと、思う。
俺も恐らく、5回目の射精まで行ったと思います。

嫁との記録でも、平均での回数とは言え、1時間に一回以上の回数を・・・ましてや、この半日たらずの時間で、有り得ない事でした。

流石に疲れ、また休憩していたときです。
入室4時間を経過した位でした。
「そろそろ出ましょう」と、義母がぽつりと、呟くように言います。

異常なる興奮状態の・・・夢の時間は、まさに一瞬の終わりを告げてきます。
俺もこれ以上は無理だと思い、互いに無言で部屋を出たのです。
帰宅まで一言も話さず玄関に着いてしまった。

義父が笑顔で出迎えてくれたが、母は気分が悪いと部屋に入ったので、父が俺にどうかしたのか?と尋ねられた。
車酔いでもなさったのでしょうと答え、俺は挨拶もそこそこに、逃げるように家路についたのでした。

その後、地獄のように悩み、審判を待つような日々が過ぎていた。
しかし、それから義母とは何度か会話したが、あの事が話題になる事もなく、義母の中ではななかった事、悪夢として忘れようとしている過去なのであろうか。

だが・・義母が嫁に会いに来る時は、あの日着ていた赤いセーター・・・これは俺への復讐なのか?それとも、また俺に抱かれたいとの意思表示なのか・・またしばらく悩む日々が続くだろう。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談