人気タグ

知らず知らずに親子二代のフェラテクを堪能してました

いろはさんに投稿しました
  • 1
  • 3,035views
  • 0コメント

10年くらい前に、新卒で入社した俺らの歓迎会で、30歳の子持ちバツイチ巨乳事務員(まさこ(仮))が、「子供を実家に預けてきたから、今日は最後まで飲むよ!」とか言ってノリノリ。

俺もノリで「メガネとった顔も見たいっすー。可愛いっすよね!」とか褒めちゃったら「お前コマしだなw」とか絡まれた。

3次会辺りでまさこはトイレでゲロ。
課長に「お前まさこの係なw」とか言われたんでトイレに付き添って背中とかさすった。

「苦しいからブラ外してー」と言うので、ホックを探したが背中に無い。
「フロントホックじゃないスか、無理ッス」って断ったんだけど「外せーはやくぅー」って唸るから、失礼しますって言いながらシャツの下から手突っ込んで巨乳開放。
この時点でちんちんおっき。

目ざとく見つけたまさこに、いきなりスラックスの上からちんこ握られパンパンに。
まさこも急に声をひそめて「口でしたげる」ってチャックを下ろす。

こうなったら拒む理由もない。
酒の勢いもあったし。
便座に座ってパンツ脱ぐ。
まさこは床に座ったままフェラしてくれた。
バツイチはテクニックあった。

はだけたノーブラ巨乳をもみながらのフェラは気持ちよくて、多分3分くらいで口内に発射。

いきなり出したからびっくりしたのか、ちょっと動きが止まったが、またゆっくりピストン開始、出てる最中も超吸われて全部吸い取られた感じだった。

お掃除フェラ初体験だったから、腰が抜けそうになるほど気持ちよかった。

続きはホテルか俺の部屋でやりたかったんだけど、これで復活したまさこと飲み会合流、マジ朝までコース。

次の週以降、まさこにはその日の記憶がほぼ無いらしく、仲良くなったとは言え「ちょっと仲の良い事務員と正社員」のポジションに。
バツイチと後腐れあるのも怖いから、こっちもそのまま接してた。

まさこは35で再婚、寿退社になった。

まさこ退社から6年、プロジェクトリーダー的な事やってる俺の下に高卒の事務員があてがわれた。
巨乳新人めいか(仮)の歓迎会をやる事にした。

プロジェクトとは言っても俺含むアラフォーな親父が4人、アラサーの事務員&アラサーのお局、巨乳新人の7人だけ。

飲むことを強要したわけではないが、めいかはよく飲んで3次会でゲロ。
他のメンバーには「次の店話しついてるから先に行ってて」と伝えて、めいかをタクシーで送るリーダー。
そう、おれ。

めいかのアパートまではタクシーで5分。
待つように伝えてめいかをお姫様抱っこして階段を登る。

「めいかくん、家のカギは?」と聞くと俺の首に手を回して背中のバッグからカギを取り出すめいか。
そのついでにディープキスしてきた。

18歳のくせに上手い。
しかも巨乳が食い込んでくる。
おちんちんおっき。

キスは無視して「部屋入るぞ」とそのままベッドへ寝かす。
パンプスを脱がし、コップに水を汲んできたら、めいかは裸になってた。

「課長ー、しましょうーw」

俺は課長ではない残業手当だってちゃんと出る、しかし据え膳は食う。
キスから乳もみ手マンしてたらフェラしてきた。
すげー上手い。
どこで習うんだ18歳。

いい感じ、さあ本番という所に外からクラクション。
ヤバいタクシー待たせてた。

「もう行かなきゃ」と身支度を整えていると、前だけ開けて「このままだと落ち着かないでしょ」と高速トルネードバキュームで一撃で抜かれた。
最近ご無沙汰とは言え、あまりの早さに恥ずかしかった。
しかもこの子も搾り取るようなバキュームお掃除フェラ。

そのまま俺だけ4次会に合流朝までコース。
デジャヴ

後でわかった事がある。
めいかはまさこの実の娘だった。
めいかとはその後で2人になることは無いが、やろうと思えばやれる感じ。

可愛いし若いしテクあるし明るいし、付き合っちゃおうかなーと思うが親だけが悩みの種。
やっぱ一線は保ったほうがいいかね。

とまあ、そんな話でした。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談