人気タグ

10年位前、彼氏のいる後輩OLとコスプレや青姦を楽しんだ

ナナさんに投稿しました
  • 0
  • 570views
  • 0コメント

メグとの事は、もう10年位前のことです。
随分前のような気もするし、ついこの間のような気もします。

彼女は当時23歳で彼氏がいました。一方私は29歳で既に結婚してました。
いわゆる不倫です。

メグは会社の後輩で、入社してきた当初はあまり気に留めていませんでした。

胸もどちらかと言えば小さい方でしたし、脚もやや太めでしたし、とくにスタイルが良いわけでもなく、好みの顔でもありあませんでした。

ただ素直でまじめそうでしたので、悪い印象ではありませんでした。

初めて会ってから半年以上、何もありませんでした。
が、その歳の忘年会、彼女はかなり酒が好きらしく、良い感じで酔っていました。

1次会が終ったあと5、6人で次に行こうということになりましたが、彼女は結構フラフラで、次の店に行く余裕はありませんでしたので、とりあえず彼女の家に行こうということになりました。

集まった者は皆結構酔っており、飲みの続きをすることも無く、雑魚寝状態で寝始めたのでした。
私も結構酔っていたので、横になってました。
メグはほとんど寝ている状態でフラフラでしたが、私の隣に来て横になりました。

かなり距離が近いなと思ってましたが、そのままウトウトしていると、メグがキスしてきたのです。
ビックリしました。何の前触れも無くですから。

しかし、ちょっと冷静に考え、彼と間違ったのだろう、と思い何事もなかったように少し離れました。
しかし、またメグがキスしてきたのです。しかも薄目をあけて。

周りに誰も居なかったら、間違いなくしてましたが、会社の同僚がいたので何もできなかったです。

そのとき誰かが、
「ちょっとその2人くっつきすぎてないか!?」
と言い出して、皆メグが酔って変なことしてると思ったらしく、別の場所に連れて行かれました。

それから30分くらいして帰ろうということになり、その日は解散となりました。

わたしもメグが酔ってした事で、そのときは特別な感情を持っているとは思いませんでした。

それから何も無く3ヶ月ほど過ぎたある日の飲み会で、事は起きました。

その日は総勢15人くらいいまして、メグと私は少し離れたところに座っていましたが、メグは酔ってませんでした。

何となく様子が違うというか、お互い意識してるというか、そんな感じで飲み会も終盤に差し掛かった頃、なんとなく4、5人の同じ輪で飲む状況になっていました。

キス事件までは私は特別な意識が無かったのですが、あれ以来少し気になっていたのは事実です。
メグの視線も感じるようになっていました。

とは言え周りに居るのは会社の人間ですし、私は結婚してましたので堂々と誘うわけにもいかず、あまり期待はしていませんでしたが、チャンスを待っていました。

ついに、来ました、チャンスが。
ここを逃したらもう駄目だと思い、思い切って誘ってみました。

「2人でどっか行っちゃおうか?」と。
メグは、「うん。」
と即答でした。

今日は向こうから来ないから駄目かなと思ってましたが、待っていたようです。
でもそのあと
「あぁ、でも、なんて良い訳しよう」
「それは後から考えればいいじゃん。」
「うん、わかった」
そのあとは彼女の車でホテルに直行しました。

車を降りて中に入るときに、彼女が
「なんだか緊張する。」
私も緊張していました。

部屋に入った後はシャワーも浴びずキスして・・・

そのあと、なんだか急に可愛く思えてきたので、夢中でしたのを覚えています。
私は、既に結婚していたので、やっぱりいけないよなぁ、と思いこちらから連絡はしませんでした。

2週間ほど経ち、彼女から電話がありました。
こうなると私も弱い人間ですので、もう止められません。

2回目以降は彼女が「ゴムつけるの?」と言うので、「じゃあ、ちょっとだけだよ」と言い、いきそうになったらつけてフィニッシュしてました。

彼女はエッチには割りと興味があり積極的でしたので、ある日、
「コスプレとかしたことある?」
などと聞いてくるものですから、私はそんなのAVの世界だと思っていたので大歓迎です。

高校時代のセーラー服を持ってきてもらいました。
しかもスカートの丈を短くして持ってきてくれたのです。
最高でした。

さらに青姦も何度かしました。
スリルがたまりませんね。
人が来るか心配で集中できない感じもしますが。
ほんとによくしました。
多いときには週3回とか4回とか、もうサル状態でしたね。
夜中に彼女が家を脱け出して、そのためだけに来るということも何度かありました。

付き合ってみるととても可愛くてエッチで、相性も良くて最高でした。
こうして書いてると昨日の事のようです。
今日も会えそうな気がしてきます。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談