人気タグ

雪の降りしきる中セックスのために地方遠征

ふわとろもちもちさんに投稿しました
  • 0
  • 907views
  • 0コメント

5、6年前の話になります

当時俺は大学3回生
その頃は出会い系に夢中になっており、暇さえあれば誰か遊べる子を探していました。

某コミュニティサイトで出会ったのがまみ。
年齢は2個下で、セミロング、色白、端正な顔立ちをしていました。
もちろん会ったことは無く写メでの判断でしたが。
所謂ギャルで、電話ではノリの良い感じでした。
この時点で絶対ヤりたいと思い始めます。

何度か連絡を取ってるうちに
遊んでくれる事に、しかも家に来ていいとの事。
喜んで行くことに。
反面美人局的な物だったらどうしようとも思いましたが、電話の感じからそれは無いだろうと判断。

新幹線で行けるとこまで行って、在来線に乗り換え所で雪が降ってきた。
しかも結構吹雪いてる。
途中電車が止まりました、1時間くらい。会えないんじゃないかと心配して彼女に状況説明。
大丈夫だよーといってましたが、既に待ち合わせ時間になっており、どう見てもあと1時間はかかる。
なんとか電車が動き、ついに待ち合わせの駅へ。

半端なく寒い。時刻は夜10時。
待合室には誰もおらず?
と思ったら近くの自販機に震えて立っている彼女がいました。

遅いって!
と笑っていう彼女は
写メ通りの可愛さでした。
良かった。

で、家はこの近く?と聞くと
30分くらいかなと

ならタクシーでと思ったら
チャリで来てる。
彼女の家まで結局一時間かけて歩きました。
まあ、その間も色々と話して楽しかったですけどね。

彼女の家は実家でした。。
しかもバレたらやばいとのことで、裏口から泥棒の様に彼女の部屋に侵入。
父子家庭の様で、父親がテレビ見てる音が微かにきこえる。

彼女の部屋で他愛も無い話をしていたのですが、そこはだんだん距離を詰めキスまで持ち込みます。
肌がキメ細かいのが分かりテンションがあがる。
電気を消していざ、服を脱がしにかかる、
おっぱいは小さかったです、残念
ちろちろ乳首舐めてたら微かに あっと声を出す彼女
ついでに下にも手を
すでにパンツのうえからわかるグチョグチョ具合
ここらでテンション最高潮
遠征の甲斐がありました

パンツを脱がすとほぼ無毛、色白で具は大きめ、二本の指で開くと色素が薄くかかったピンク色のあそこが糸ひいてます。
じっくり味わいたかったので69になって、膣の中まですすりました。
潮の味もせず、ほぼ無臭。

いざ、正常位で挿入
めちゃくちゃ気持ちいい。。
中は深く奥にヒダが溜まっており最高でした。
5分と持たず、中でいいか聞き大丈夫だったので最深部までねじ込み全てをぶち撒けました。
直ぐにお掃除フェラしてもらい、10分後にはまた出してました 笑
結局、2日居て気持ちいいまんこを7回味わいました。

帰り際駅のホームまで来てくれました。
正直かなり辛かったです。
それから何回か遊んだのですがさっばり連絡がとれなくなり今に至ります。
今でも雪の降る日は彼女の事を思い出します。

コメント (0)

コメントを書き込む

おすすめエロ体験談