人気タグ

バイトの話

debruonnさんに投稿しました
  • 0
  • 1,552views
  • 1コメント

小さなホテルでバイトをしていた時に俺は夜勤で、フロントの女子従業員は日勤だった。
ある日、少し暇な朝だったんでフロント裏の倉庫の整理をしていたら彼女も手伝ってくれた。
女の匂いと前屈みのおっぱいの谷間に俺は浴場して彼女を押し倒してしまう。
誰かに呼ばれるかもしれない職場でひと気のない場所というシチュエーション。
妙に興奮したまま倉庫の中で彼女の乳を揉みしだき、マンコを指マンやクンニでびちょ濡れにした。
一気にチンポを挿入して突きまくって中に出して、たっぷりと精液を注ぎ込んだ。
職場であったエッチな体験談
ホテルでバイトしてた時の話。
フロントで社員だったBさん。
俺が入社した時から色々と親切にしてくれた。
俺の勤務時間は夜19時~翌朝9時まで。
彼女は朝8時から夕方18時まで。

つまり殆ど顔を合わさなかったんだけど、朝の僅かな時間(小さなホテルだったんで2人きり)にやたらと密着してくるわけ。
俺はほぼ徹夜状態(睡眠3時間程)なんだけど、そんな時って激しく勃起するんだよね。
そんなある朝、宿泊客のチェックアウトも早く 少し暇な朝だったんでフロント裏の倉庫の整理をしてたんだ。
そしたら彼女が出勤してきた。
彼女は顔は可愛くないが身体はナイスバディ。
出る処は出て、引っ込む処は引っ込んでる。
自分の容姿には自信がないと言っていた。
少しアトピーもあったみたい彼女は俺が居る倉庫に入ってきて、整理を手伝いだした。
狭い倉庫なので彼女の良い香りが倉庫の中に充満してた。
俺は激しく勃起。
間近にいる彼女を横目で見ると、前屈みの彼女の谷間が見えている。
睡眠不足と激勃起の為、俺の理性は吹っ飛んでしまった。
俺は彼女に抱きつき、そのまま押し倒しブラウスを捲り上げブラを上にズラシ、乳首を口に含んだ。
片手で彼女の口を押えていた。
「何するの止めて。あぁ。」彼女の口から洩れる微かな喘ぎ声。
俺は「こんな姿、他の人に見つかっても良いの?」と言った。
彼女は小さく首を振り、大人しくなった。
俺は片手で彼女の乳首をコリコリしながら、軽く彼女の口に舌を差込みその後、パンストを少し破りパンティの横から指を入れてクリトリスを刺激した。
直ぐにビチョビチョになってる彼女のオマンコ。
俺もズボンのジッパーを下げてビンビンになってるチンポを握らした。
手を上下させてチンポを擦る彼女。
マンコからは汁が溢れてる。
俺は我慢できなくなり彼女の顔にチンコを近づけた。
彼女は「口でするから勘弁して」と哀願してきた。
上手くなかったが興奮していた俺は、アッというまに射精しそうになった。
このまま逝くのが惜しくなったおれは彼女の口からチンポを抜き再度彼女を寝かせてクンニをした。
自分から足を大きく開き俺の髪の毛を掴む彼女。
「あぁぁ!やめてっ!!!あぁぁぁ!・・・気持ちいいぃ!」俺は彼女のマンコの入口を丹念に舐めたあと、クリトリスを口に含んだ。
途端に彼女はビクビクと身体を波打たせ「あぁぁぁぁぁぁ!!イクッぅぅぅ!!!」と叫びながらマンコから少し白濁した汁を絞り出した。

足を大きく開き、色っぽい顔で身体をビクビクさせてる彼女を見て我慢できなくなった。
俺は彼女に覆い被さり、一気にチンポを彼女のマンコに挿入した。
俺の背中に手をまわし「んぐうゥゥゥ!あぁぁぁぁ!あぁぁぁ・・」と喘ぎ声を出す彼女マンコの中は今までに体験した事のない程、不思議な感じだった。
マンコの中に舌が在るような感じでした。
あっというまに射精しそうになり「中で出すよ」と彼女の耳をしゃぶりながら言った。

コメント (1)

コメントを書き込む

  • copipe1ヶ月以上
    エロ画像速報・素人のエッチな体験談からの無断転載。ここのサイトパクリ記事ばっかじゃん。

おすすめエロ体験談